うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

テレビを見るのをやめました


From:宮里竹識
世田谷の自宅より、、

9月以降、
テレビを見なくなりました。

若者のテレビ離れなんて言葉があったり、
最近はテレビよりもネットだという声も多いですが、
なんだかんだでテレビって見られてましたよね?

私も妻と食事をするときなんかには
テレビを見ながら雑談していました。

しかし9月に入ってから
テレビを見なくなりました。

娘の一叶(いちか)が生まれたことがキッカケです。

娘に良い人生を歩んでもらうため
生まれる前から教育の本を色々読んでいたんです。

その中に”テレビを見せない”という教育法があったのです。

テレビのデメリットとして、
こんなことが書かれていました。

 

・赤ちゃんには刺激が強い
・不適切な言葉やネガティブな情報をあびてしまう
・自分で考える遊びが少なくなる
・目が悪くなる
・親とのコミュニケーションが減る

 

やっぱりテレビには色んなデメリットがあるんですね。

忙しいときにはテレビを見せておけば
親は楽できるんですが、
子どもが小さいうちは親が頑張るときでしょう。

というわけでテレビをつけず、
なるべく娘とのコミュニケーションを楽しむようにしています。

そのおかげか、
今のところ娘はとってもいい子です。

ミルクやおむつなどの理由がない限り、
ほとんど泣きません。

助産師からも
「とてもおだやかな赤ちゃんですね〜」
なんて言われています。

その一方で、
表情は妻に似てとても豊かです。

色んな顔をしては私たちを楽しませてくれます。

とりあえず娘の一叶が3歳になるまでは
テレビを見せない生活を続けていきたいと思います。

育児をしながら障害年金のサポートを行なっていると、
とてもテレビを見ている時間なんかない、
というのも本音です。

なのでしばらくは世の中の流行からうとくなりますが、
子育てしながら日本一の障害年金社労士の座を維持していきますので
引き続き応援をお願いします。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける