うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ポテトの長塚


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

僕は高校2年生の時にマクドナルドのアルバイトを始めました。

大学卒業後もお笑い芸人の活動をしつつ、
マクドナルドのバイトをずっと続けてまして、
店長代理とか経験しつつ、合計14年間も働いてました。
社員になりそうなぐらい長いですね(^^;)1

そんなマクドナルドの仕事で、
誰よりも得意で早く、誰にも負けないことがありました。

それが「ポテトを作る」ことです。

 

皆さんもマクドナルドに行った時、
レジの少し後ろで箱に積められて、
並べられたフライドポテトを見たことがあると思います。

僕はそのフライドポテトを誰よりも、
「早く」「キレイに」「正確に」
揚げて箱に詰めることが得意だったんです。

土日のお昼のピークの時間帯には、
ポテトを作るポジションに配置されて、
ひたすらポテトを作ってました。

毎年マクドナルドが行う、
全国で働くアルバイト達を対象とした技能コンテストでは、
ポテト部門で地区大会を2回優勝したことがあります。

そのせいか地元周辺の店舗では、
「ポテトの長塚」と呼ばれてました(^^;)

接客をしたりハンバーガーを作ったり、
色々仕事はあるのですが、なぜかポテト作りにハマってました。
昔から仕事とかで何かに特化するのが好きだったみたいです。

 

そんな僕は今は社会保険労務士です。
社会保険労務士は企業の労務管理をしたり、
給与計算をしたりするのがメインの仕事ですが、
障害年金と言う社労士でもニッチな業界に入りました。

さらにうつ病専門の全国障害年金パートナーズの一員となりました。
障害年金に特化し、さらにうつ病に特化、、、
1人でも多く、うつ病で悩んでる方に貢献したいです。

全国障害年金パートナーズでは障害年金を受給できるか、
無料の電話相談を実施しております。

障害年金の受給を検討していましたら、
ぜひご連絡ください。

あなたからのご連絡お待ちしてます。

by「うつ病専門の長塚」




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける