うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

10年日記


From: 長塚崇宏
世田谷のカフェより、、

最近、新しく始めた事があります。

それは日記を書くことですね。

毎日の出来事を記録に付けることで、
日々どんな事があったのかとか、
どんな嬉しい事があったり、
どんな事で悩んでいたのかを振り返れて、
非常に便利ですよね。

日記帳を購入して、
手書きで書くのも良いですが、
僕は携帯のアプリで日記を書いています。

そのアプリの名前は「10年日記」です。

この日記のアプリ、
ある特別な機能が付いているんです。
それが、、、

1ページに同月同日を、
10年間記録する事が出来るんです。

2年目からは1年前の同じ日に、
自分が何を何をしていたのか一目で分かる、
そんな作りになっています。

これってすごく便利だと思いませんか?

あなたは1年前の今日、
何をしていたか覚えていますか?
普通は覚えていませんよね?

1年前に何をしていたか、
その情報が必要になってくる事もあると思います。

でも、この10年日記を利用していれば、
過去の自分は何をしていたのか分かるんですね(^^)

しかも、1年前だけでなく、
10年分も遡れます。
非常に便利なアプリだと僕は思ってます。

やはり日々の記録をつけるのは大切だし、
その記録が必要になってくることも、
あるわけですから。

そう考えると、
これは障害年金にも同じ事が言えますね。

障害年金を申請する時、
病院の通院歴が大切になります。

1ヶ所の病院に通い続けていれば良いですが、
お医者さんと合わないとか、
引越しとか病状の変化により、
病院を転々と変わってしまうこともあると思います。

さらにその通院歴を整理して、
書類に記入する必要があります。

しかも記入するにあたり、
書き方も色々とルールがあって大変です。

揃える書類も、
通っていた病院によって変わります。

あなたはうつ病で悩んでる中、
さらに複雑な書類を揃えたり、
書き方の難しい書類を適切に作成できますか?

そんなの無理だと思って、
障害年金を諦めてしまう方は多いです。

でも安心してください。
僕たち全国障害年金パートナーズがいます。

病歴の整理、書類の揃え方、書類の作成
僕たちはあなたが障害年金を受給できるように、
全力でサポートします。

電話でのメンタルクも行っております。

まずはお気軽にご相談ください。

あなたからのご連絡をお待ちしています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける