うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

前の職場の先輩から、、


From: 長塚崇宏
小田急線町田駅のカフェより、、

先日、前の職場の先輩からLINEが来ました。

「長塚さん、ご無沙汰しております」
「東京会に転籍されたんですね」

社労士として働く場合、
全国にある各県の社労士会に登録しなければなりません。

僕は以前は、
神奈川県の社労士会に所属しておりました。

全国障害年金パートナーズで働くことになったので、
東京の社労士会に転籍したんですね。

転籍すると社労士に発行されている刊行に、
異動したことが載ります。

それを見た前職の先輩が、
久しぶりに連絡をしてくれたのです。

この先輩とは年齢も近く、
いつも仕事について相談していました。

最近、連絡をしていなかったので、
お互いに近況を報告し合いました。

今どんな仕事をしているのか、
前の職場の人たちは元気にしているか、
何か変わったことはあったか、
久しぶりの人と話をすると話が止まりませんね。

先輩と話していて、
僕はある事が気になりました。

それは僕が辞めた後、
どんな人が入社してきたのか?

気になったので先輩に聞きました。

先輩曰く僕が辞めた後、社労士を目指して、
一所懸命勉強してる人が入ってきたそうです。

僕はそれを聞いて安心しました。

なぜなら僕は前職を辞める時、
僕が辞めたら職場に迷惑をかけてしまうと思い、
中々、退職を切り出せなかったのです。

そのため僕も大分、気を病んでおりました。

ですが、僕が辞めた後すぐに、
前の職場は今の人を雇ったそうです。

会社は人が1人辞めたとしても、
回るようにできています。

休職や退職をすると、
会社に迷惑がかかると思いがちですが、
優先するのは会社ではありません。

あなた自身です。

特にうつ病の方は仕事よりも、
ご自身の体調を優先するべきです。

仕事をしないと経済的な不安があると思います。

でも、うつ病で働けない方のために、
その経済的な不安を解消する国の制度があります。

それが障害年金です。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金専門の社労士事務所です。

障害年金受給できるかどうかの、
電話での無料相談も実施しております。

あたからのご連絡をお待ちしております。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける