うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

最近のお笑い芸人のバイト事情 | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From: 長塚崇宏
小田急線相模大野駅のマクドナルドより、、

僕は社会保険労務士になる前は、
お笑い芸人として芸能活動を行なっていました。

カズレーザーや、ぺこぱ、三四郎とも知り合いです。

彼らみたいにテレビに引っ張りだこになれれば良いのですが、
芸能界はそんな簡単な世界ではありません。

お笑い芸人の99.99%はアルバイトで生計をたてています。

芸人のアルバイトで多いのが飲食店です。

ですが、この時世。

コロナウィルスのせいで緊急事態宣言もあり、
多くの芸人が職を失いました。

コロナウィルスが流行り出した頃、
知り合いの芸人のSNSを見ると、
生活に苦しんでる様子が伺えました。

アルバイト先の飲食店は経営不振で潰れてしまったり、
また緊急事態宣言で営業時間短縮でシフトに入れなかったり、
常に経済的な不安を抱えていました。

そんなコロナウィルスの打撃を受けた芸人たちでしたが、
アルバイトの代替として、芸人界隈であるビジネスが流行りました。

それがUber eatsです。

コロナウィルスによる影響のおかげか、
多くの人がお家時間を過ごす事になり、
Uber eatsを利用する人が増えたんですね。

最近では、知り合いの芸人のSNSを覗くと、
Uber eatsでの面白エピソードが書かれています。

芸人たちがアルバイトに変わる、
収入源が手に入って安心しました。

経済的な不安を解消できる手段は、
1つでも多く活用するべきですね。

これは障害年金にも同じ事が言えます。

あなたが現在、うつ病で働けない状況で、
経済的な不安を抱えていたら、
障害年金の受給を検討され見るべきです。

全国障害年金パートナーズは、
うつ病の障害年金の社労士事務所です。

無料の電話相談も行っています。

あなたからのご連絡をお待ちしてます。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!