うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

脳波と連動した「心地よい色」を見せることでうつ病のリハビリができるかも…


From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
光と音の変化が鑑賞者の脳波と連動してスクリーンに映し出される体験会
「ランデヴ-光と脳のインタラクション」
が平成26年10月30日に京都芸術センターではじまったと
京都新聞が報じました。
参照:脳波と連動「心地良い色」映す 京都芸術センターで体験会
これは、情報メディア学を研究している同志社女子大の森公一教授ら
四名の研究者によるプロジェクトです。
脳波から「快」「不快」といった情報を読み取り、
鑑賞者が心地よいと感じる光や色、音がスクリーンに映し出されるそうです。
現在はまだまだ研究段階といえますが、
森教授は「鑑賞者から集めたデータを分析し、将来的には常に不快な状態に
あるうつ病患者などのリハビリに役立てられるかもしれない」
とコメントしています。
色彩心理学の世界では、色は様々な効果をもつとされています。
例えば赤は非常に目立ち、認識しやすい色だといわれています。
生まれたばかりのことを「赤ちゃん」と呼ぶのは
出生後に最初に認識できる色が赤だからという説もあります。
緑色の場合は、緊張感を和らげ目の疲れを緩和します。
心の癒やしにもつながる色といえます。
他にも青色は冷静、黄色は楽天的な考えをもたらすなど、
色によって様々なイメージ・効果があります。
私は小さい頃からテレビの見過ぎやゲームのやり過ぎは
目にも頭にも良くないと言われて育ってきました。
しかし、森教授らの研究が進めば
テレビやパソコンの画面を見ることで癒やしを得る時代が
やってくるかもしれないと感じました。
世の中はどんどん変わっていき、
自分の常識が通用しなくなっていくのが少し怖いですね。
でも、色や光・音でうつ病を改善する技術は、
ぜひ実用化してほしいと思います。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける