うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

喫煙者はうつ病リスクが70%高まる!? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
タバコを吸う人は、うつ病や不安神経症にかかる確率が
非喫煙者よりも70%高いということが、
英国心臓基金(British Heart Foundation、BHF)から
発表されました。
調査は40歳以上の6500名を対象に行い、
うつ病や不安神経症にかかっていた人の割合が
次のように報告されました。
【うつ病・不安神経症の割合】
●非喫煙者:10%
●元喫煙者:11.3%
●喫煙者:18.3%
この調査結果により、タバコを吸うことは
ストレスが大きな要因となるうつ病にかかりやすくなる
ということが分かりました。
しかし、これまでもタバコを吸うとストレスが和らぐという意見が
ありました。
今回の調査においても、
イギリスの喫煙者の3分の1以上が喫煙によって不安やストレスが軽減されると
回答しています。
私自身はタバコを吸わないのではっきりしたことは言えないのですが、
喫煙による不安やストレスの軽減は一時的なもので、
タバコを吸わない時間が続くと禁断症状といったものが発生して
ストレスがたまります。
この喫煙時と禁断症状が出たときの気持ちの落差がより大きなストレス
となって、うつ病や不安神経症の発症リスクを高めているのかもしれません。
タバコは、禁断症状が出ない程度にほどほどにするのが良さそうですね。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!