うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

社労士業界で障害年金がブームに!?似たような障害年金社労士事務所が次々オープンしています


From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
 

1.障害年金ブーム!?


ここ数年、障害年金を専門にした社労士事務所が
次々とオープンしています。
あまり良い表現とはいえませんが、
社労士業界で「障害年金ブーム」が起こっているようです。
そのブームの牽引役となっているのは、
とある有名なコンサル会社の「障害年金で開業するための講座」だと思います。
それなりに高額な講座なのですが、好評なようです。
私のところにも講座案内の広告が届きました。
どうやら、社労士会を通じて多くの社労士事務所に届いているようです。
コンサル会社の資料を見ると、
「障害年金は儲かる」などといった文字が多数踊っています。
社労士事務所を開業したものの、
中々仕事を取れない社労士などにとっては
とても魅力的な講座なのかもしれません。
 

2.コンサル会社の講座の内容はと業界の真実とは?


そのコンサル会社の講座の内容を見ると、
障害年金の手続き方法だけでなく、
ホームページの作り方や、広告の出し方、病院との協力体制
といったこともアドバイスしてくれるようです。
障害年金にうとい社労士さんにとっては、
本当にありがたい話ですね。
商品やサービスには、「導入期→成長期→成熟期→衰退期」
という四つの段階があります。
これを障害年金というサービスに当てはめると、
今は「成長期」に該当すると思われます。
コンサル会社もそれを理解していますので、
今が障害年金講座の売り時として、
各社労士へたくさん広告を出しています。
それに乗っかった社労士さんが
「障害年金専門」の社労士事務所として多数オープンしています。
だからでしょうかね。
障害年金専門の社労士事務所さんのホームページが
似たり寄ったりなのは・・・。
コンサル会社が提案するホームページ案を採用したり、
以前からある社労士事務所のホームページを真似したり、
そんなところが多いように見えます。
別にそれ自体を否定したいわけではありません。
むしろ、これまで障害年金を専門にする社労士さんはかなり少なかったので
歓迎しています。
お客さんにとっても選択肢が増え、
私たちも競合が増えることで切磋琢磨しサービスの向上が図れます。
適切な競争は良いことです。
一点問題があるとすれば、
障害年金の実務経験の乏しい社労士さんが
「障害年金専門の社労士事務所」を名乗っていることです。
 

3.あなたに合った障害年金社労士の選び方


「障害年金専門」を名乗っていても、
すべてのケガや病気ごとに異なる障害年金の認定基準や実務を
マスターするのは困難です。
せっかく障害年金専門と思って依頼したにも関わらず、
「あなたの病気やケガ」に関する障害年金は経験が乏しい
という社労士さんも多いのです。
最近開業したばかりの社労士事務所さんなんか、特にそうです。
というわけで、
私が考える”障害年金社労士の選び方”について
二つのポイントをお伝えします。
【ポイント①:本当に障害年金専門か確認する】
障害年金専門を名乗っていても、
給与計算や就業規則作成などの他の業務を行っている
社労士事務所は意外と多くあります。
社労士さんの氏名や事務所名でインターネット検索をしてみて下さい。
複数のホームページをもっていて、障害年金以外の業務を行っている
事務所であれば、実務経験は少ない可能性を疑って下さい。
ちなみに、私たち全国障害年金パートナーズのように、
事務所名自体に「障害年金」と入っているところは
ほぼ間違いなく本物の障害年金専門の社労士事務所です。
だって、
「社会保険労務士事務所全国障害年金パートナーズ」
という会社に障害年金以外の仕事がくると思いますか?
まったくと言っていいほど、障害年金以外の依頼はありません。
事務所名に「障害年金」と入れているところは覚悟が違います。
※ホームページのサイト名と社労士事務所名は異なるものですので、
注意してくださいね。
ホームページの一番上に書いてあるのは、通常はサイト名で、
社労士事務所名は別にあることが多いです。
【ポイント②:あなたのケガや病気の障害年金に対する実務経験を確認する】
先ほども少し言いましたが、
障害年金はケガや病気ごとに認定基準が異なります。
あなたのケガや病気での障害年金手続きを豊富に行っているかどうかを
確認することも重要です。
といっても、社労士事務所に電話で確認したところで
「大丈夫ですよ」
としか言われないでしょう。
どの社労士さんも仕事をとりたいでしょうから。
なので、ホームページに書かれている社労士さんの実績や
お客様の声を参考にしましょう。
また、私たち全国障害年金パートナーズのように
「うつ病に特化」していると明記している社労士事務所なんかは
分かりやすいですね。
あなたの病気やケガに関する障害年金に特化している社労士事務所があれば、
たとえ遠方でもそこに依頼することをお勧めします。
近くの社労士さんに依頼したいという気持ちはわかりますが、
実際のところ、障害年金の手続きは遠方でも何の支障もありません。
それよりも、社労士さんの質や経験の方がずっと重要です。
障害年金は一生に一度あるかどうかという手続きです。
後悔しないよう、社労士選びは慎重に行って下さいね。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける