うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

SSRIは、うつ病が治った後も飲まなければならないのか? | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


258c0c7d3150678198cc3d3afcec575b_s

1.SSRIの中止後発現とは


「中止後発現」とは、服薬を止めた後に現れてくる症状のことを言います。
SSRIにおいても中止後発現があり、次のような症状があります。
●手足がピリピリする
●フワフワした感じになる
何とも抽象的な表現ですが、人によってはかなりの不快感・苦痛を
伴うといわれています。
しかしSSRIの場合、この中止後発現が出るのは患者の自己判断で
服薬を中断したケースがほとんどです。
しっかりと医師の指示に従いながら服薬していれば
さほど問題ないでしょう。
 

2.SSRI終了のタイミング


SSRIの服薬終了のタイミングはそう簡単には分かりません。
というのも、十分な治療期間を経ないでSSRIの投与を辞めた場合、
うつ病が再発してしまうケースがあるからです。
一方、一定期間治療を継続しうつ病の症状が収まっていれば
SSRIの服用を止めても大丈夫というパターンもあるのです。
どのタイミングでSSRIの服薬を止めてよいのかは
これまでの症状の重さや治療期間、患者の生活環境などによっても
変わってきます。
結局は専門の医師にしか、SSRI終了のタイミングは分かりません。
ただ、うつ病は非常に再発の多い病気ですので、
病気が治ったといっても、再発防止の意味で仕事に復帰した後も
一定期間SSRIを服薬することが有効な場合もあります。
とにかく自分の判断で止めるというのはNGですので、
必ず医師の判断にしたがってSSRIの服薬・終了を行ってください。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!