うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

日本年金機構の個人情報流出報道から3週間

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
今月は日本年金機構はかなり忙しかったはずです。
何といっても年金記録からの個人情報流出が
大きなニュースになりましたよね。
すべての都道府県で情報流出者が発生し、
日本年金機構の発表によると101万人の個人情報が流出したそうです。
流出した個人情報は次の四つ。
●基礎年金番号
●氏名
●生年月日
●住所
対象者には個別にお詫びとお願いの文書を郵送しているとのこと。
日本年金機構や年金事務所からの連絡は文書で行われますので、
年金事務所の職員を名乗る人からの電話は詐欺の可能性がありますので
注意してください。
※現在障害年金の手続きをしている人の場合、
年金事務所から個別の問合せがあることはあります。
また、日本年金機構のホームページも脆弱性が見られたことで
6月6日から停止されていましたが現在は復旧しています。
各年金事務所の混雑状況がリアルタイムで見られたり、
書類の様式をダウンロードできて便利なので
私個人はホームページの復旧に安堵しています。
今回の個人情報流出の影響で、
マイナンバー制度の運用についても議論が波及するでしょう。
ただ、100%完璧なものなどないことを考えると、
悪いところが見つかってそれを改善する行為は一歩前進だと思います。
10年前に比べると役所の職員の対応も明らかに良くなりました。
ホームページも使いやすくなりました。
悪いところばかりに目が行きがちですが、
良くなったところもしっかり見ていきたいものですね。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける