うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第5回)」の傍聴申込み、ギリギリ間に合いました!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
今日は平成27年6月30日、午前11時です。
ふと厚生労働省のホームページをみると、
「精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第5回)」
の開催案内があるではありませんか。
障害年金の都道府県格差を解消するための専門家会議ですので、
できる限り傍聴したいと思っていたものでした。
第1回の会議は傍聴できたのですが、
第3回の会議は所用で傍聴できませんでした。
※第2回、第4回会議は非公開だったので傍聴不可。
第5回会議の案内ということで傍聴申込みをしようと思ったら、
申込期限が平成27年6月30日12時となっています。
もう一度いいます。
今日は6月30日で今の時間は11時です。
あと1時間で締め切りです。
急いで申込書を印刷して内容を記入、
すぐにFAXで申し込みました。
何とか間に合いましたが少しあせりました。
今回の専門家会議の議題は、
①等級判定ガイドラインの検討について
②ガイドライン以外の対応の検討について
③その他
となっています。
とくに①等級判定のガイドラインについては
今後の障害年金制度全体に大きな影響を及ぼすものですので
しっかり傍聴してきたいと思います。
もちろん会議の内容については
記事にしてあなたにも共有したいと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける