うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

9つのチェックで分かるワーカホリック診断

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
あなたはワーカホリックだったことはありませんか?
【ワーカホリックとは】
家庭や自分の健康をなおざりにしてまで、仕事をやりすぎる状態。
また、その人。働きすぎの人。仕事中毒。
1970年代にアメリカの作家オーツによって作られた言葉。
働き盛りの人ならバリバリ仕事をしたいと思うでしょうが、
ワーカホリックになるとうつ病のリスクが高まります。
自覚しないうちにストレスを溜め続け、
脳がダメージを受けていくからです。
しかし、
「仕事熱心」と「ワーカホリック」を見分けるのは難しいのが現状です。
ただ、ワーカホリックの予備軍を判定するチェックリストがありますので
ご紹介します。
<ワーカホリック診断チェックリスト>
□1 夢中になれるような趣味がない
□2 自宅にいるより会社にいる方が落ち着く
□3 「効率を求めると仕事のクオリティが下がる」と思う
□4 定時で帰宅する人を見るとイラッとする
□5 「喜んで!」となんでも仕事を引き受けることは美徳だと思う
□6 部下や後輩に仕事を振るのが苦手
□7 「ノー残業デーのせいで仕事が進まない」と言ったことがある
□8 「直帰」がなんとなく苦手だ
□9 仕事が原因で恋人と別れたことがある
この9つのチェックリストのうち、
4つ以上にチェックがついた人はワーカホリック予備軍の危険性があります。
かくいう私も社労士事務所に勤務していたころはワーカホリックでした。
1日15時間の勤務を5年以上続けていましたから。
しかしうつ病に特化した障害年金社労士として開業してからは
無理な働き方はしないようにしました。
私が倒れたら、
私が障害年金のサポートをできる人数が減ってしまうからです。
少しでも多くの人に障害年金という「経済的安心」をお届けできるよう
無理なく全力で動いていきます。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける