うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

30歳未満の男性社会人の48%がうつ病になりかけた!?

From:宮里竹識
渋谷のTULLY’Sより、、
今日の天気は雨。
渋谷の年金事務所で障害年金の手続きを済ました後
TULLY’Sでアイスコーヒーを飲みながらこの記事を書いています。
今日はWeb版R25にあった興味深い記事を紹介します。
30歳社会人の半数が「うつかも…」
約100万人いると言われているうつ病ですが、
病院で診断を受けていない「予備軍」を入れると
うつ病者の数は大きくふくれあがると想定されます。
そこでR25が一都三県の30歳未満男性社会人200人に
調査を行いました。
【仕事に関連して「うつ病になりかけているかも」と思ったことは?】
ある:48.5%
ない:51.5%
なんと、30歳未満の男性社会人の約48%が
「自分はうつ病かも」
と考えた事があるということが明らかになりました。
【「うつ病になりかけてる」と思ったら、上司に相談しますか?】
相談すると思う:32%
相談しないと思う:68%
約3分の2が”相談しない”という結果になりました。
私も自分がうつ病かもと思ったことはありますが、
その時も上司には相談しなかったですね。
あまりのオーバーワークに周りから休むよう言われましたが・・・。
体調管理は自分の問題と当時は考えていましたが、
今考えると仕事が原因なので会社の問題でもあります。
もしあなたがワーカホリックといえるくらい働いているなら、
倒れてしまう前に、うつ病が発症する前に
会社に相談することをお勧めします。
仕事がら多くのうつ病者と話をしていますが、
やはり無理をし過ぎた人ほど回復が遅れています。
”やればできる”
とはよく言いますが、
”やってできるとは限らない”
のです。
日本人は働き過ぎなのです。
私は障害年金専門の社労士として開業してからは、
働き過ぎないことを心がけています。
過労で倒れてしまったら、
回復するまでの間、うつ病者さんやその家族を助けることもできませんから。
だから1ヶ月に10人までしかサポートしないと決めているのです。
休むこと、リフレッシュすることの重要性が
今なら分かります。
もしあなたが
「働き過ぎ」
と誰かに言われているなら、、、
無理せず休みましょう。
無理して働かなくとも、
意外と何とかなるものですよ。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける