うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

社労士向けの障害年金ビジネスと失敗しない社労士の選び方

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
社労士向けの障害年金のノウハウをまとめたDVDが販売中止になりました。
このDVDを販売していたのは、
自らも障害年金に関わってきたというT社労士。
自分のもっているノウハウを他の社労士さんに数万円で売る
ということをしていました。
単純にビジネスとしてみればとくに問題はありません。
(私は買いませんが・・・)
けっこう長い間DVDを売っていたのですが、
ある日突然販売中止となっていました。
理由は何でしょう?
障害年金の分野に参入したいという社労士さんはまだ増えているので
需要はあったと思います。
私の勝手な想像ですが、
●●総研の障害年金ビジネスがメディアに叩かれたことが
影響しているのかもしれません。
ここ数年、大手コンサル会社の●●総研も社労士相手に
障害年金のノウハウを高額で売っていました。
障害年金に特化したホームページの作成や営業方法などをセットにして、
400万円ほどの金額でノウハウを売っていたそうです。
これがメディアに取り上げられ、疑問視されたのです。
このことをきっかけに、
社労士向けの障害年金ビジネスは倫理的にいかがなものかという
議論が湧き上がったのです。
もしかしたらT社労士も世間の批判を受けて
障害年金ノウハウDVDの販売を終了したのかもしれません。
私個人はこういったビジネスはありだと思っています。
まだまだ障害年金を熟知した社労士は少ないので、
少しでも障害年金のサポートができる社労士が増えてほしいと
思っているからです。
でも一方で、
安易なノウハウだけで実務経験のない社労士さんや
実力のない社労士さんが増えすぎるのは困りものです。
私が困ると言うよりも、障害年金を依頼するお客さんが困ってしまいます。
適当なサポートをする社労士、書類のチェックと提出しかしない社労士、
都合の良い診断書を医師に無理矢理書かそうとする社労士、
このような社労士が目立つようになってきました。
私のところにも毎月二人くらいは、
社労士さんを変えたいという相談があります。
どこの社労士さんを変えたいのか聞いてみたら案の定でした。
その多くはコンサル会社に大金を払って開業した社労士さんや、
実務経験の乏しい社労士さん、本業が他にある自称”障害年金専門の社労士”
でした。
障害年金のサポートをする社労士さんが増えるのは嬉しいことですが、
一部の社労士さんの影響で優良な社労士さんの評判が下がってしまうのは
どうしたものかと思ってしまいます。
こんな話をすると、
これから障害年金を社労士に依頼しようと思っていた人は
悩んでしまうと思います。
そんなあなたには、
次の基準で障害年金を任せる社労士を選ぶことをお勧めします。
【ポイント①:お客様の声をたくさん載せている】
お客様の声というのは、将来のあなたの姿です。
依頼して良かったという声がたくさんある社労士さんは
間違いなく実績があると思います。
注意点としては、お客様の声はねつ造されることもあるので、
きちんとお客さんのコメントが書かれた紙の写真が載っているか
見るようにしてください。
【ポイント②:障害年金以外の業務をやっていないか確認する】
ホームページを見ただけでは、本当に障害年金専門の社労士か分かりません。
ホームページなんて、複数作ることは簡単ですから。
ある社労士兼行政書士の人は、
障害年金・就業規則作成・建設業の届出・ビザ申請・免許更新の
それぞれで専門のホームページを作っていました。
ある特定分野の専門家を名乗りつつ、
別のところでは別の専門家を名乗っていたわけですね。
これを普通の人が見抜くのは難しいので、
直接社労士さんに聞いてみるのが早いです。
「あなたは障害年金以外の業務をやってますか?」ってね。
【ポイント③:自分のケガや病気での障害年金手続きの経験を確認する】
障害年金はケガや病気ごとに認定基準が異なります。
障害年金の手続き自体はたくさん行っていても、
あなたの病気やケガでの手続きはやったことがないという
可能性だってあるのです。
これも社労士さんに直接聞いてみるのが一番早いですね。
「私の病気は△△ですが、この病気で障害年金の手続きは何件くらいしてますか?」
って聞いてみましょう。
 
いかがでしたか。
今回は社労士向けに障害年金のノウハウが売買されているという実体と、
あなたが依頼すべき障害年金社労士の見つけ方について話をしました。
ちなみに、私たち全国障害年金パートナーズは障害年金しかやっていません。
しかもうつ病に特化していますので、身体障害などはお断りしています。
うつ病は障害年金の中でも最も難易度が高いと言われていますので、
社労士選びは本当に重要です。
ハズレの社労士にあたらないよう、
先ほどお伝えした三つのポイントを使ってしっかり選んでください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける