うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

精神障害者の運賃割引を求める署名活動が全国で広がっています!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
2015年11月2日の琉球新報WEB版で、
精神障害者の運賃割引を求める署名活動が全国で広がっている
という記事が載っていました。
精神障がいも運賃割引を 署名活動、全国で広がる
記事によると、
障害者に適用されている鉄道、飛行機、高速道路料金などの
交通運賃割引制度。
これらの多くで精神障害が除外されているのは憲法や国連障害者権利条約に
反するとして署名活動を行っているというものです。
国土交通省によると、精神障害者にも交通運賃の割引を適用している会社は
次の通りとなります。
●鉄道:60社(34.7%)
●バス:716社(33.8%)
●旅客船:62社(15.1%)
琉球新報は沖縄の新聞ですが、
沖縄においてはバス・モノレール・タクシー・フェリーの各社で
精神障害者も運賃割引が受けられるそうです。
しかし都道府県によっては精神障害者の運賃割引制度が全くないところもあり、
かなりの地域差があるようです。
都道府県によって精神障害者の住みやすさが変わるというのは
望ましくないので、今回の署名運動を受けて日本全国どこでも
同じような生活を送れるようになってほしいものです。
とはいえ交通運賃の割引の有無を決めるのは各種交通会社ですので、
一方的に割引しろというのも難しい話ですが・・・。
個人的には精神障害者の就労機会をもっと増やしてほしいと思います。
働くことで生活の糧を得る、社会生活を送る、
とても大切なことですが精神障害者の雇用機会はまだまだ少ないです。
もちろん重度の精神障害をもっている人は休むことが先決ですが、
軽度の精神障害の人が働きやすい社会になることが必要ではないでしょうか。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける