うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

病院選びの新常識!?患者目線の病院評価サイトが話題!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
2015年11月20日のNHK NEWSWEBで、
興味深い記事がありました。
うつ病や統合失調症などの患者や家族で作るNPOが、
精神科の病院を独自に点数化した結果を
インターネットで公表しました。
私も障害年金のサポートを通じてうつ病者やその家族と話をする機会が
多いのですが、信頼できる病院や医師に中々出会えないという相談が多いのです。
病気の治療といっても医師も患者の人間ですので、
相性というのがあります。
相性が悪い中で治療を続けても、
症状が良くならないどころか悪化することさえあります。
では、どうすれば良い病院・医師にであえるのでしょうか?
その一つの答えとなるのが、「口コミ」です。
アマゾンなんかはすべての商品に口コミや星による評価制度を設けています。
ときには不適切な口コミもありますが、
全体としてみると口コミは商品選びの重要な要素となります。
これを精神科の医療機関に限定して行ったのが、
NPO法人地域精神保健福祉機構です。
このNPOはうつ病や統合失調症の家族ら約1万人の会員で作るNPO法人です。
地域精神保健福祉機構では、
適切な医療機関を見つける参考にしてもらおうと、
会員に行ったアンケート結果をサイトで公開しました。
アンケートの内容は次の25項目です。

質問1:もしあなたの大切なひとが病気になったら、あなたが通っている病院・診療所に紹介しますか?
質問2:精神科に行った時に現在の症状について内科で受診したかどうか確認された
質問3:医師は話を聞いてくれますか?
質問4:医師と課題を決めて話し合っていますか?
質問5:医師は質問や考えに答えてくれますか?
質問6:医師は人として向かい合ってくれますか?
質問7:医師の質問は気づきを助けるようなものですか?
質問8:面接では重要な認知や行動について話し合えていますか?
質問9:待合室・診察室・病室は安全・清潔で落ち着けますか?
質問10:待ち時間はどのくらいですか?
質問11:初診時の診察時間はどれぐらいでしたか?
質問12:何という病気か教えてくれましたか?
質問13:何を目的に治療を行うか医師と共に相談をして決めましたか?
質問14:治療開始時や治療変更時に、いくつかの治療法から治療法を選ぶことができましたか?
質問15:あなたが受けた治療についてどのような効果が期待できるのかについて説明を受けましたか?
質問16:どのような副作用や後遺症がどのくらいの可能性で起こるのか説明を受けましたか?
質問17:いつ頃までに治療を終了できる見通しか説明を受けましたか?
質問18:幾らぐらいの費用とどれぐらいの治療期間がかかるか説明を受けましたか?
質問19:再発の可能性はどのくらいなのか説明を受けましたか?
質問20:飲んでいる薬の種類は幾つですか?
質問21:今の医療機関にかかってから、生活状態はどのように変化していますか
質問22:利用できる制度やサービスの説明は受けましたか?
質問23:必要に応じて様々なネットワークと連携を取ってくれた(産業医・産業保健スタッフや精神保健福祉士・心理士・上司・家族など)
質問24:再来時の一回当たり平均診察時間の長さはどれぐらいですか?
各病院への口コミや4段階評価もあり、
うつ病で病院を決めるときの参考となります。

 
障害年金をサポートしている私としては、
「障害年金の診断書の作成を引き受けてくれたか」
という項目があると最高なんですが・・・。
主治医に障害年金の診断書を断られ、
ショックで体調が悪化した人を何人も見ているので。
とはいえ、そこまで求めるのは難しいでしょう。
現状でも十分病院選びの参考になるのですから。
ホームページのリンクを貼っておきますので、
興味のある人はぜ試してみて下さい。

https://www.comhbo.net/?page_id=2569



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける