うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

花粉症の人はうつ病のリスクが4倍高い!?

ca3c11977337290b5ffb2d8df63093c2_s
From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
毎年花粉症に悩まされているあなた、
残念なニュースです。
それは、花粉症の患者はうつ病になるリスクが花粉症じゃない人に比べて
4倍高いということが分かったのです。
これを研究したのは台湾の国立陽明大学の科学者チーム。
花粉症のティーンエージャー1万人と
花粉症ではないティーンエージャー3万人を比較研究したのです。
その結果、花粉症の人はうつ病になるリスクが4倍高くなることが
分かりました。
さらにデンマークの研究によると、
自殺のリスクも30%高くなることが分かりました。
なぜ花粉症がうつ病や自殺のリスクを上げるのかですが、
くしゃみや鼻水のようなアレルギー反応が出ているときに分泌される
「炎症性サイトカイン」という物質が影響していると考えられています。
サイトカインは花粉を体外へ追い出す役割がありますが、
その一方で脳内のセロトニンを下げる可能性もあるそうです。
花粉症の症状が長期にわたって出ていると、
サイトカインが大量に分泌され、
その影響でセロトニンがどんどん減っていくのです。
こうしてセロトニンが減少していくことで
うつ病発症率や自殺リスクが高まると考えられています。
このような科学的な説明がなくとも、
くしゃみや鼻水、かゆみが続く花粉症においては
長時間不快感が続き脳がストレスを溜め込みます。
そのストレスがうつ病リスクを上げていると言ってもいいかもしれませんね。
もしあなたが花粉症なら、
うつ病対策という意味でも花粉症の治療は疎かにしないようにしてください。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける