うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「社員をうつ病に罹患させる方法」という社労士ブログが波紋を呼んでいます!

From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
今日うつ病に関するニュースを見ていたら、
強烈なものを見つけました。
それは、社会保険労務士の木全美千男(きまたみちお)氏が運営する
『モンスター社員を解雇せよ!すご腕社労士の首切りブログ』
というものです。
その中の「社員をうつ病に罹患させる方法」という記事が
大きな波紋を呼んでいます。
内容としては、
モンスター社員をうつ病にして会社から追放したいという相談に
木全社労士が回答するというものです。
そのブログの内容を引用しますので、
まずは記事をご覧下さい。
 

Q
当社にいるモンスター社員は、上司に逆らう、遅刻する、タバコさぼりなど
行動が異常です。なんとかうつ病にして会社から追放したいのですが、いい方法ありますか。もちろん会社が法的に責任取らなくていい方法に限ります。
A
結論から言えば可能です。少し手間がかかります
まずバツを与えるべき根拠を就業規則に盛り込みましょう。
①就業時間中の喫煙の禁止
②上司に文句を言うことの禁止
③遅刻の禁止
そしてこれから違反した場合には厳しく処罰を与えることを決めます。そして指導として本人に反省文書を書かせることです。これもバツの一つです。適切合法なパワハラを行ってください。適切にして強烈な合法パワハラ与えましょう
①まずノートと筆記具を用意します。
それから、ノートに自分が今まで行ってきた失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること、不快に感じたこと、悲しかったことなどを思い出せるだけ書き、その事柄に対して自分に非があるように関連付けて考えて書いていくことを繰り返しましょう。うつ状態というのは自分を責める病気なので、後悔の量が多ければ多いほど(過去に否定的な執着する程)発症し易いです。
②次にモンスター社員に降格減給 与えて経済的にダメージ与えます。適切な理由でっち上げましょう
③そして万が一本人が自殺したとしても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくことです。なぜなら因果関係の立証は原告側にあり、それを否定する証拠を作成しておくことは、会社の帰責事由を否定することになるからです。したがってそれができればうつ病自殺されても裁判で負けることはありません。
④本当にうつ直前になったら、休職命令与えてもいいでしょう。休職満了による退職でも可能でしょう。
その際には企業法務労働法務に詳しい特定社労士のサポートを得ることが必須となります。
モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ。
以上

 
以上が「社員をうつ病に罹患させる方法」という記事の全内容です。
この記事については色んな意見があるでしょう。
ある厚労省職員も「反社会的」「非常識」とコメントしています。
ネット上の反応の概ね否定的で、次のようなコメントがありました。

これはひどい
こんな社労士に仕事頼んでる企業あるのかな。その企業の良識自体が疑われる
こういう人達が日本の自殺者を増やしてる

否定的なコメントばかりですが、
私個人としては部分的には賛同できる部分もあります。
もちろん記事の内容にではないですよ。
私が賛同できるのは、
自分のメッセージを確実に届けたい人がいて、
その人にメッセージを届けるためにはある程度否定されるのも
やむをえないという姿勢です。
もう少し具体的に言うと、
木全氏は企業を顧問先とする社労士です。
ということは、木全社労士のお客さんは会社であり社長です。
その社長が強く興味をもつようなメッセージを発信しているのです。
半面、労働者側からは大きなバッシングを受けています。
当然ですが、この記事をを批判する人は木全社労士のお客さんには
なり得ない人です。
このお客さんにはなり得ない人からの批判は甘んじて受ける、
それよりもお客さんになる人に明確にメッセージを届けるという姿勢には
私も通じるところがあるのです。
私も日々ブログやメルマガでメッセージを発信していますが、
お客さんにメッセージをしっかりと届けるために
一部の人を怒らせてしまうことを意図して行うことがあります。
例えば私たち全国障害年金パートナーズと他の障害年金社労士の違いを
説明した場合、競合の社労士さんは私に対して良い感情を覚えないと思います。
また、「私たちの報酬は全国的に見ても高いので安さが基準の人は
他の社労士さんに依頼して下さい」と言うと、
値段が判断基準の人は私に対して批判的になるでしょう。
この辺は私も明確な意図をもってメッセージを発信していますので、
このような意味では木全社労士の姿勢も理解できるのです。
しかし、「社員をうつ病に罹患させる方法」というアプローチは
ダメでしょう。
反社会的と言われても仕方ありません。
それに記事の最後に
「モンスター社員に精神的打撃与えることが楽しくなりますよ」
というコメントもアウトですね。
私たち全国障害年金パートナーズはうつ病の障害年金を専門にしていますので、
多くのうつ病者さんから相談があります。
会社や上司からのパワハラや過重労働でうつ病を発症したという人を
たくさん見ていますので、このような発言は許せるものではありません。
同じ社会保険労務士として恥ずかしくなります。
2015年12月6日時点では木全社労士のブログは「メンテナンス中」となっていて
記事を見ることはできなくなっています。
今回の記事はかなり炎上していますので、
今後は社会的な影響を考慮した表現になることを期待します。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける