うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金をもらいながら働いている人の半数は年収50万円以下!

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
厚生労働省の障害年金受給者実態調査によると、
障害年金を受給しながら働いている人の半数近くは
年収50万円以下であることが分かりました。
調査によると、
障害年金受給者で就労している人の年収は次の通りとなります。
400万円以上:5.7%
200万円未満:81.1%
50万円未満:47.5%
新聞報道では障害年金受給者が労働による賃金収入で生活するのは困難
であるということを意識した内容になっていました。
それはもちろんその通りですが、
別の見方をすると症状が重くても一定以上の収入があったり
長時間働くことができるのであれば障害年金の審査には通りにくい
ということも言えるのではないでしょうか。
実際、就労していると障害年金が不支給となることは多いです。
もちろん状況によりますよ。
週に数時間程度しか働けなかったり、
月の給与が2〜3万程度だったり、
会社から仕事に関してかなりの配慮をしてもらっていたり、
人によって状況は様々です。
就労への支障が大きいほど障害が重いのであれば
働いていても障害年金の対象となります。
しかし審査は厳しく行われるのが現実です。
”病気だろうが何だろうが働かないと生きていけない”
こんな状況にある人のことも、
もう少し理解してほしいと思う今日この頃です。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける