うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

日本年金機構の不要資産が国へ返納されるようです

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
塩崎厚生労働大臣が、2016年1月8日の衆議院予算委員会において、
日本年金機構がもっている不動産のうち、
使われていない職員宿舎などを処分して国に返納できるよう、
必要な法整備を急ぐことを明らかにしました。
あまり知られていませんが、
日本年金機構は複数の土地や建物といった不動産を所有しています。
これらの不動産のうち、
入居者が3年以上いない職員宿舎が7棟あることが
会計検査院の調査で判明しました。
年金情報の流出といった不祥事もあり、
使われていない不動産を保有しつづけているのはけしからん、
という声が方々から上がっていました。
厚生労働省としては、
国へ返納する規定がないためそのまま保有していたそうです。
「そんな理屈はいいから!」
というのが多くの国民の声だと思います。
少し時間はかかってしまいましたが、
ようやく使われていない不動産を国に返納することで
具体的に動き出しそうで良かったです。
使われていない不動産をそのままにしていても意味がありません。
国に返した後は国民に有益となるよう
活用してほしいものです。
もしくは民間に売却してそのお金を国庫に入れてもいいですね。
資産は無駄にせずに、国の借金を少しでも減らしてもらいたいものです。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける