うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

確定申告も無事終了


From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
今日は朝から税務署です。
要件は確定申告。
事前に税理士に確認してもらった確定申告書一式をもって
税務署に行きました。
今日は2月16日で確定申告期間の初日ですが、
すでに50人ほどの人が並んでいました。
自分の番がくるまでかなり待ちそうです。
並びながらビジネス書を読むことにします。
海外のマーケティングの書籍を日本語訳したもので、
一般の書店では売っていません。
日本ではあまり知られていない情報を入手できているのも、
私たちの強みの一つかもしれません。
色々と試したみたい情報をチェックしているうちに40分ほど経過し、
いつの間にか私の番が来ました。
確定申告書一式を税務署の職員に渡し、
内容をチェックしてもらいます。
しばらく書類に目を通した後、
「大丈夫ですね、それでは書類をお預かりします」
と言って税務署職員が確定申告書を受領してくれました。
その後は税務署内の別の窓口に行って
税金の納付手続きです。
口座振替にすることもできますが、
直接支払う方が「納税」の実感が得られますので
私は毎回税務署で直接支払っています。
来年も納税額を増やせるよう頑張っていきたいと思います。
さて、無事に納税の一大イベントも終わりましたので、
また障害年金の業務に戻りたいと思います。
少しずつ進めていた障害年金の成功率を上げる方策が一段落しそうなので、
次回のブログでお伝えしますね。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける