うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻と二人して風邪を引きました


28c9fa5fd685aae240bca591b156da9e_s
From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
いや〜、私は年に2・3回ほど風邪を引いているのですが、
今回も風邪を引きました。
熱が38.3度、頭痛、関節痛といった症状です。
しかも私の妻も同時に風邪を引いてしまいました。
加湿器のスイッチを入れ、
一日中ふとんで寝て過ごす、
そんな日が二日続きました。
ちょうど寝込んでいたのが土日だったので
障害年金の業務にはさほど影響ありませんでしたが、
それでも土日の二日間で30件超の問合せや相談メールが来ていました。
土日に電話も鳴りましたが、
業務時間外の電話は基本的に出ていませんので
こちらはいつも通りです。
今日は月曜日で何とか体調も回復しましたので
事務所に出てメール対応をしています。
障害年金の書類作成も一部行いましたが、
本調子でない中で行っても良い成果にはつながりませんので、
明日改めて書類作成に入りたいと思います。
私も二日間しっかり休んで大分良くなりましたが、
妻も同じようにかなり回復しました。
明日はお寿司の食べ放題を予約していたので、
キャンセルせずにすみそうで良かったです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける