うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

バーチャルリアリティ技術がうつ病改善に効果的!?


スクリーンショット 2016-02-24 13.59.17 kasoukuukan
From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
バーチャルリアリティ(VR)の技術は主にゲーム業界で使われていますが、
医療分野での活用も研究されています。
VR体験を利用した手法によって、
うつ病患者の症状が緩和される可能性があることが
分かってきました。
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンとバルセロナ大学の研究チームが、
VRのうつ病に対する効果を調べるため、
23歳から61歳のうつ病患者15人に対して実験を行いました。
実験の流れは次のようなものです。
①うつ病患者にVRヘッドセットを装着してもらう
②VRで見るバーチャルな子どもに対して思いやりを表現するトレーニングを受ける
③患者の視点が子どもの視点に変わり、自分が数分前に発した思いやりのある言葉をかけられる
この10分ほどの手順を1週間の感覚をおいて3回繰り返しました。
その結果、15人のうつ病患者のウチ9人がうつ病の症状が緩和されたと報告し、
そのうち4人はうつ病の深刻度が「実際の診察でも大幅に」減少したのです。
研究チームのクリス・ブルーイン氏は次のようにコメントしました。
「この実験では、子どもを慰めたあとで、慰めを表現する自分自身の言葉を
自分に向けられたものとして聞くことによって、
患者は間接的に自分に思いやりを示すことになります」
バーチャルリアリティ(VR)といえば
ゲーム業界ではプレイステーションVRの発売が近いということで
盛り上がっています。
このVR技術が向上し、
うつ病克服への選択肢が増えることを願っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける