うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病になりやすいかが分かる心理テスト


666123003ec24439542caa4b97547a86_s
あなたは性格テストを受けました。
ここにあなたのテスト結果として
良いことだけを書いた紙と
悪いことだけを書いた紙があります。
このうちどちらか一つしか読めないとしたら、
あなたはどちらを読みますか?
考えて見てください。














答えは出ましたか?
良いことだけを書いた紙を選んだあなた、
おめでとうございます。
あなたはうつ病になりにくい人といえます。
悪いことだけを書いた紙を選んだあなた、
残念ながらあなたはうつ病になりやすい人かもしれません。
この心理テストは、
アメリカのベイラー医科大学のギースラー博士が行ったものです。
ギースラー博士は多くの人に今回と同じ質問をしました。
その結果、
うつ病にかかっている人の82%が「悪いことだけを書いた紙」を選んだのです。
一方そうでない人の75%が
「良いことだけを書いた紙」を選んだのです。
また、次のような実験も行われました。
心理学者のイサコヴィッツは学生達に心理テストを行い、
楽観的な人と悲観的な人に分けました。
その上で学生達に色々な写真を見せました。
その写真の中には普通の写真もあれば不快な写真もありました。
このとき、
楽観的な人は不快な写真をあまり見ないのに対し、
悲観的な人は不快な写真を長時間見つめる傾向にあることが分かりました。
これらの実験から、
楽観的な人ほど不快なものに気を止めずうつ病になりにくい、
悲観的な人ほど不快のものを見続けうつ病になりやすい、
ということがいえるかもしれません。
もしあなたが不快なものを見続けていたり、
マイナスな情報を探し続けていたら、
注意が必要かもしれません。
例えばあなたがうつ病の治療を受けているとき、
インターネットで「薬を飲んでもうつ病は治らない」「薬を止めたら良くなった」
といった情報を見て今の治療に対して疑心暗鬼になっていませんか?
大抵の物事にはプラスの面もあればマイナスもあります。
マイナスな面ばかり見ていても
気持ちが落ち込んだり疑心暗鬼になったりで
良いことはありません。
うつ病の治療にも良くありません。
”悪い情報なんか見ても意味がない”
”粗探しはやめよう”
と思うことが大切です。
楽観的な人は無意識にやっていることですが、
あなたが悲観的なタイプであれば意図的にマイナス情報に
目を向けないようにしてみてはいかがでしょうか?




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける