うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「友達がいない」親が40%、そんなもんですよ

From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
明光義塾が「保護者の人間関係・PTAに関する意識調査」という
興味深い調査を行い、610名の親が回答に応じました。
この調査によると、
保護者の35.4%が保護者間の人間関係で悩んだことがあると回答し、
40.8%の保護者が友人と呼べる保護者が「いない」と回答しました。
LINEやTwitterといったSNSが普及し、
親同士のつながりも強化されていると思いきや、
友人と呼べる保護者がいないという人が40%もいます。
過剰な人間関係は煩わしさが増えると感じる人も多いのでしょう。
私自身も人間関係は少なめの方が楽で良いと感じるタイプです。
私の妻はLINEやTwitterで色んな人と交流していますが、
ストレスも大きくなったと言っています。
ストレスになる友達関係なら、
無理に付き合う必要はないというのが私の考えです。
嫌々話をしてもストレスになるだけですし、きっと相手にも伝わります。
それなら付き合いを控える方がお互いのためだと思います。
自分を理解してくれる人が身近に少しいれば、
その他大勢はいなくても困りません。
もちろんこのような考えには賛否両論あるでしょう。
ただ、今回の明光義塾の調査で明らかになった
友達がいない40%の親の中には、
友達がほしいけどできない人もいれば
余計な友達は不要と考える人も多いと思います。
たくさんの人と交流のある人間が素晴らしいと思われがちですが、
幸せの感じ方は人それぞれです。
狭い人間関係が心地よいのであれば、
無理に友達の輪を広げなくともいいと思いますが
あなたはどう思いますか?



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける