うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

一見違うものに見えて同じもの・・・

From:宮里竹識
下北沢の自宅より、、
今日の夕飯はカレーでした。
といってもレトルトカレーですが。
でも最近のレトルトカレーは侮れません。
へたなお店よりも美味しいのです。
先日二種類のレトルトカレーを買ったので、
妻と一緒に味比べをしたのです。
ほかほかご飯にカレーのルーをかけます。
そこで異変に気がつきます。
カレーの見た目が全く同じなのです。
匂いも一緒でした。
カレーはスパイスの配合や具によって
色や匂いが変わるのもです。
レトルトカレーのパッケージも見ましたが、
全く別のカレーです。
見た目は近いものがあるけど味は違うだろう、
そう思って食べてみました。
しかし味も同じでした。
なんてことでしょう。
改めてカレーのパッケージを見比べました。
すると、
二つのカレーは販売会社が同じであることが分かりました。
さらに、栄養成分表示の各栄養素の分量も同じでした。
一つは100グラムあたりの栄養素で
もう一つが200グラムあたりの栄養素になっていましたが、
割合は全く同じです。
IMG_0364
IMG_0365
結論、この二種類のカレーは同じものである!
まぁ、味は美味しかったのでOKです。
しかしパッケージは別物なのに中身は同じカレーというのも
あるもんですね。
これは、うつ病での障害年金にも同じことが言えます。
人によって病歴や就労状況、家族状況、日常生活状況などが異なるのですから、
うつ病による障害年金の手続きは人によって千差万別です。
提出する書類も変わってきますし、
同じ書類でも書くべき内容、書いてはいけない内容が変わってきます。
しかし、うつ病による障害年金の認定基準というのは
どの人にも同じ基準が適用されます。
この認定基準をしっかり理解し、
自分は基準に該当するから障害年金を受給できるのだと、
主張する必要があるのです。
でもほとんどの人は障害年金の認定基準を知りません。
自分が基準に該当するのか、
どのような記載を書類にすればいいのか、してはいけないのか、
明確に理解して手続きを行っている人はほとんどいません。
年金の専門家である社会保険労務士でさえ、
極一部の人しか行っていないのが障害年金です。
その専門性の高さ・難しさを考えると、
一般の人が全てを理解するのは困難でしょう。
しかもうつ病で理解力や集中力、行動力が低下している状態なら
なおのことです。
そのような状況ですので、
自分で手続きして不支給になる人が多発しているのが
うつ病による障害年金の特徴です。
もしあなたがうつ病で苦しんでおり、
経済的不安を解消したいと本気で考えているなら、
障害年金専門の社会保険労務士を頼ることをお勧めします。
もちろん自分で手続きできる人は自分で行って問題ありません。
病気の症状が重く、
自分で行うのは難しいという人であれば
私たちが助けになるでしょう。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける