うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

つくばへの移住準備、着々と進んでいます!


From:宮里竹識
下北沢のスタバより、、
東京からつくばへの移住準備が
着々と進んでいます。
今日行ったのは次の手続きです。
①引っ越し業者の手配
②電気の解約
③ガスの解約
④水道の解約
⑤新しい名刺の発注
⑥新しいハンコの発注
⑦机の購入
朝一で5社ほど引っ越しの見積もりをとったのですが、
値段はピンキリでしたね。
飛び抜けて安い会社が一つあったのですが、
電話対応がイマイチだったのと
こちらがやらなければならないことが多かったので
その会社は止めました。
総合的に選んで2番目に安い金額を提示した業者に
引っ越しを依頼しました。
その後続けて電気・水道・ガスの解約です。
こちらは電話一本で済んだので楽でした。
次は新しい名刺とハンコを発注するため
ハンコ屋さんへ足を運びます。
以前注文した店だったので私のデータも残っており、
修正部分を伝えるだけで簡単に発注できました。
やっぱり現住所が書かれた名刺やハンコは使えませんので、
今の内から準備を進めます。
3日後にはできるそうなので、こちらは問題ありません。
唯一の問題は、机の購入でした。
私は机やイスにはかなりのこだわりをもっています。
多くの時間を私と共にすごすのですから、
厳選するのです。
イスはすでにあるのをそのまま使うのですが、
机は14年ほど同じものを使っていたので、
この機会に買い替えることにしました。
同じメーカーの別のタイプの机を購入しました。
実物はすでに見ていたのでメーカーの通販サイトで購入したのですが、
一つ誤算がありました。
それは”お盆休み”です。
引っ越し業者であれば休日も関係なく配達してくれるのですが、
このメーカーでは机を組み立てる配達員がお盆休みなので
希望日に配達できないというのです。
自分で組み立てるのであれば希望日に配達してもらえたのですが、
大人二人で組み立てるタイプの机なので大変そうです。
そして私は工作が苦手です。
というわけで、
机はお盆休み明けに配達・組立してもらうことにしました。
ちょいちょい想定外のことが起こっていますが
概ね順調に移住の準備が進んでいます。
普段はつくばでのんびり、
必要に応じて秋葉原のオフィスに出てきて仕事するという生活まで
もう少しです。
まだまだやることはありますが、
障害年金のサポートと同時並行でしっかり行っていきますので
うつ病で障害年金を受けたい人はぜひ私に依頼してください!




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける