うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【名言】”PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだ”について


From:宮里竹識
下北沢のオフィスより、、
私の好きな言葉の一つに、
「PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだ」
というものがあります。
この言葉を残したのはサッカー選手のロベルト・バッジョ。
ロベルト・バッジョとは”イタリアの至宝”とも呼ばれる
ファンタジスタの代表格で、
サッカー好きの人なら誰でも知っている選手です。
このロベルト・バッジョは輝かしいプレーと結果を残しているのですが、
私やサッカーファンにとって、とても印象的なプレイがありました。
それは、1994年のワールドカップアメリカ大会の決勝でのことです。
決勝の相手はブラジル。
熱戦が続く中延長戦でも決着がつかず、
ワールドカップ決勝初のPK戦となりました。
このPK戦ではブラジルがリードを保ったまま
最終キッカーであるバッジョの出番となりました。
このPKでゴールを決めればまだ勝敗は分かりませんが、
外してしまうとそこでイタリアの敗北が決まるという場面です。
非常にプレッシャーのかかる場面ですが、
”ロベルト・バッジョなら決めてくれる”
イタリアの誰もがそう思っていたでしょう。
当時中学生だった私もテレビで中継を見ていて、
手に汗握ってPKの様子を見ていました。
そしてバッジョがボールを蹴ります。
しかしそのボールはゴールから外れ、
はるか高くへ飛んでいってしまいました。
その瞬間、イタリアは敗れブラジルの優勝が決まりました。
このとき腰に手を当ててうなだれるバッジョの姿が
とても印象的でした。
roberuto
このPKを外したことへの影響は計り知れません。
バッジョ自身、
この瞬間を何度も夢に見て苦しんでいると後に語っています。
このような経験をしたからこそ、
「PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだ」
という言葉は深みをもつのです。
世の中には自分は何もしないのに周りの人を批判してばかりいる人がいます。
私が社労士として独立するときも、
”宮里さんなら絶対成功するよ”
なんてことを言ってくれる人は誰もいませんでした。
社労士業界も状況は厳しく、
独立しても9割は廃業してしまう状況があったからです。
中には、
”俺の知っている成功している社長と宮里さんはタイプが違う”
と暗に失敗するよと言ってくる人もいました。
また、社労士に限らず、
起業して10年以内に96%の会社が倒産する
という統計データも出ています。
私が独立するとき、
周りが私の成功を信じていないことは肌で感じていました。
それでも独立したのは
ロベルト・バッジョの言葉があったからかもしれません。
障害年金の社労士として独立しても失敗するかもしれない、
でも、失敗することができるのは独立する勇気をもった者だけだ。
そう思って行動に踏み切ったのです。
結果としては大成功といえます。
あの時行動に移して本当に良かったと思っています。
この記事を読んでいる読者の多くはうつ病で苦しんでいる人や
その家族です。
その中には、
「もう会社や組織の中では働きたくない」
「症状が落ち着いたら一人で起業したい」
という人も時々います。
もしうつ病のあなたが起業したいと思ったら、
きっと周りは反対してくるでしょう。
実際、成功する確率より失敗する確率の方が高いと思います。
でも私はあなたを応援します。
PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだからです。
 
将来的には起業したいけど今はうつ病の症状がひどくて仕事もできず、
経済的にも不安が大きい。
それなら障害年金という経済的支援があります。
うつ病での障害年金は非常に難しく、
自分一人で手続きするのは大変です。
社会保険労務士の中でも、うつ病の依頼は断るという人さえいるくらいです。
でも私たち全国障害年金パートナーズは
”うつ病”に特化した障害年金専門の社会保険労務士です。
あなたの経済的不安を軽減し将来の起業を助けることができるかもしれません。
うつ病での障害年金なら
ぜひ私に受給代行を依頼してください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける