うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ブロッコリーがうつ病予防に効果的!?


From:宮里竹識
研究学園のソフトバンクショップより、、
いつもはオフィスやカフェで記事を書いているのですが、
今日はソフトバンクショップで記事を書いています。
というのも、
つくば移住にあわせてインターネットのプロバイダを
ソフトバンク光に変えたいと思ったからです。
携帯もソフトバンクを使っているので、
ソフトバンク光にすることで割引が適用され、
より経費削減になるのです。
という理由でソフトバンクショップに来たのですが、
忙しいのかかなりの時間待っている状態です。
ただ待っているだけの時間はもったいないので
せっかくなので記事を書こうと思ったのです。
というわけで、
今日のネタはブロッコリーがうつ病予防に効果的だという
ニュースです。
2016年8月13日の千葉日報(電子版)に記事が載っていたのですが、
千葉大学社会精神保健教育研究センターが、
ブロッコリーなどの野菜に含まれる「スルフォラファン」という
化合物にうつ病予防や再発防止の効果があると発表したのです。
実験では、大きさの違う2種類のマウスを同じ空間に入れ、
毎日10分間攻撃的な大型マウスに小型のマウスをいじめさせ、
残りの時間は2匹のマウスを仕切り板で分けて生活させました。
この生活を10日間繰り返すと、
小型マウスはうつ状態になりました。
この後マウスに甘い水を飲ませると、
健康なマウスは70%〜80%の割合で甘い水を飲みますが、
うつ状態になってしまったマウスだと50%しか
甘い水を飲みませんでした。
しかし、事前にブロッコリーに含まれるスルフォラファンを投与した
マウスの場合、健康なマウスと同じ割合で甘い水を飲んだのです。
このことから、
ブロッコリーに含まれるスルフォラファンが
うつ病の発症を抑えたと考ることができるのです。
うつ病はまだまだ全体像が解明されていない病気ですので、
色々な薬、治療法が存在します。
うつ病に効くという食品も複数指摘されていますが、
ブロッコリーもその中に入ってくることになりそうです。
ブロッコリーは日常的に摂取できる野菜の一つです。
私も野菜の中ではブロッコリーは
好きな部類に入ります。
今後は少し意識してブロッコリーを食べていきたいと思いますので、
もしよろしければあなたもブロッコリーを食べて
うつ病改善・予防に取り組んでみてはいかがでしょうか。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける