うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金、不要なことばかりに気を使っていませんか?

From:宮里竹識
日本橋のEXCELSIOR CAFFEより、、profile1s
先月携帯をiPhone7に機種変更して約1ヶ月。
仕事でも私生活でも大活躍しています。
今回のiPhoneから、
私はある試みを行ったのです。
それは、携帯の保護フィルムを貼らないというものです。
今まで、ケースはつけずに使っていましたが
さすがに画面の保護フィルムは貼っていました。
それを今回止めたのです。
なぜかって?
不要だと感じたからです。
実際に保護フィルムを貼らずに1ヶ月経ちますが、
何の問題も発生していません。
当然指紋はつきますが、
拭き取れば済む話です。
保護フィルムを貼っても指紋はつきますしね。
私はiPhoneを7年ほど前から愛用していますが、
一度も壊したり傷つけたりしたことがありません。
つまり、私の使い方であれば保護フィルムは要らなかったのです。
これまで不要な保護フィルムを貼ることで、
安心した気になっていたのです。
このように気づかずに不要なことをしているというのは、
自分で障害年金の手続きをする人の間でも良く見られます。
とくに「病歴・就労状況等申立書」の記載で
この傾向が強いです。
病歴・就労状況等申立書の書き方にはポイントがあるのですが、
人によって事細かに詳細を書いた方が良い場合と、
シンプルにした方が良い場合があるのです。
それを知らずに不要な情報を詰め込んでいる人を多く見かけます。
うつ病者が自分で書類を書く場合、
集中力が続かないためかなりの時間と労力を要します。
何日も何週間もかけて書き上げた書類が
実は不要な情報だらけだとしたら、
どんな気持ちになりますか?
不要な情報は審査側を混乱させるだけでなく、
本当に必要な情報への意識が薄れてしまいます。
それだけならまだいいのですが、
場合によっては余計なことを書いたばかりに
審査結果に悪影響がでることもあるのです。
過去にも、
余計な一言が書いてあったことで本来の等級よりも軽く判定されたり、
年金が出るはずの人が不支給になるというケースを何度も見てきました。
あなたが適切に障害年金の手続きをできるなら、
自分でやるのが良いでしょう、
社会保険労務士に依頼するとお金がかかってしまいますから。。。
でも、
もしあなたが障害年金の手続きは自分では難しいと感じているなら、
無理をせずに障害年金専門の社会保険労務士へ依頼してください。
その方が安心できますよ。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける