うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

ボクシングのチャンピオンでも双極性障害になる!?

From:宮里竹識
秋葉原のスタバより、、profile1s
いつもはスタバに行くとコーヒーかラテを頼むのですが、
今日は久しぶりにフラペチーノを頼みました。
新作の、ピーチクリームフラペチーノです。
甘くて美味しかったです。
でも最近甘いものをあまり口にしていなかったので、
少し胸焼けしてしまいました。
IMG_0475
段々甘いものが大量に食べられなくなってきたようです。
年ですかね。
それはさておき、
ボクシングの世界ベビー級チャンピオンといえば、
「世界最強の男」
というイメージがあります。
私の個人的なイメージですけどね。
腕っ節が強いだけでなく、
技術もあり、
精神的にも並外れた強さをもっているはずです。
しかし、必ずしもそうではないようです。
2016年10月13日の日経新聞WEB版に、
ボクシングのヘビー級王者であるタイソン・フューリーが
双極性障害でコカインを摂取し、
世界王者のタイトルを返上したとの報道がありました。
世界チャンピオンになるほどの心の強さがあっても、
双極性障害になるんですね。
やはりうつ病や双極性障害は、
誰にでもなりうる病気なのだと
改めて感じました。
チャンピオンのフューリーも並外れたメンタルの強さが
あるはずですが、
ボクシングに限らずあらゆるプロスポーツの世界は
勝ち続けなければ生きていけません。
この道一本で生きていくと決めてボクシングに打ち込んでいたなら、
それを失ったときの恐怖は計り知れないものがあるでしょう。
しかも
プロボクシングの世界では
莫大なお金が動きます。
もはや自分一人の戦いではないのでしょう。
とても過酷な世界です。
ストレスやプレッシャーも
異次元なレベルだったかもしれません。
そう考えると、
フューリーがタイトルを返上したのは残念ですが、
今は療養に専念してほしいと思います。
がむしゃらに頑張ることも必要ですが、
ときには休息も必要です。
鳥だって24時間365日飛び続けられるわけではありません。
宿り木で心身を休めながら飛んでいるのです。
私たち人間も同じです。
動き続けることはできないのです。
常に泳いでいないと死んでしまうマグロとは
違うのです。
疲れたら休みましょ。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける