うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

「声」でうつ病か判断できる時代がくるかも!?

 
voice.001
From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、profile1s
いきなりですが、
あなたはどんな「声」の持ち主ですか?
私は自分の声を客観的に判断できるわけではありませんが、
俳優の阿部寛さんのようなダンディな声だと
勝手に思っています。
※それが正しいかどうかは、YouTubeで私の声を聞いて判断してください。
まぁ、そんなことはどうでもいいのです。
本題に入っていきましょうか。
「声」って、その人の感情が良く現れるものですよね。
その人の喜怒哀楽が声で判断できます。
そして、
近年は音声から人の感情を推察する「音声感情認識技術」の
開発が進んでいるのを知っていますか?
人間が他人の声を聞いて感情を判断しようとしても、
どうしてもその人の主観が入ってしまいます。
この主観というのはやっかいなもので、
うつ病かどうかの判断においても
医師や患者の主観が入ることで適切な診断ができないと
指摘されていました。
そこで「音声感情認識技術」が注目されているのです。
経済産業研究所などの共同研究グループが行った実験によると、
「音声感情認識技術」を活用することで
高精度のうつ病診断が可能となることが確認されました。
20歳〜69歳の男女約2,000人を対象に実験が行われ、
「音声感情認識技術」の有効性が分かってきたのです。
主観が入らない機械だからこそ、
判断基準さえ間違わなければ
高精度でうつ病を判断できるということですね。
ただ、この「音声感情認識技術」もまだまだ課題があるようで、
実用化は当分先の話になりそうです。
とはいえ主観に左右されない病名判定ができるようになれば、
適切な治療にもつながりますので、
早く実用化されるようになればと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける