うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【名言】早く行きたければ一人でいけ、遠くへ行きたければみんなでいけ

profile1sFrom:宮里竹識
研究学園のスタバより、、
いつものようにスタバでコーヒーを飲みながら、
のんびり記事を書いている今日この頃です。
さて、今日はこんな言葉を紹介します。
「早く行きたければ一人でいけ、遠くへ行きたければみんなでいけ」
これはアフリカのことわざなんですが、
とても真理をついた言葉だと思いませんか?
例えば、
近所のスーパーに行くなら
他の人と行くより一人で行った方が早いです。
他人と待ち合わせしたり時間調整したりするくらいなら、
さっさと一人で行った方が早く目的地に着きますよね。
でも、目的地が遠かったらそうはいきません。
東京湾から神戸港まで船で行くことを考えてみてください。
一人で舟をこぐより、
複数の人間で交替しながら舟をこいだ方が良いに決まってます。
目的地が近くなら一人で行った方が早い、
目的地が遠いならみんなで行った方が早い。
すごく深い言葉ですよね。
これは仕事でも人生でも当てはまります。
当然私が行っている障害年金のサポートにも同じことがいえます。
全国障害年金パートナーズは私一人ですべてのサポートを行っていますが、
より多くの人をサポートしたければ私一人ではなく、
仲間を集めて一緒にサポートした方がいいのです。
全国障害年金パートナーズという船のこぎ手がたくさんいれば、
その分多くのお客さんをより遠くへ運ぶことができます。
でも、一人の方がスタートダッシュが早く、
舵の切り替えも即時に行うことができます。
より多くのうつ病者を手助けするなら全国障害年金パートナーズは
人数を増やすべきですが、
一人一人のうつ病者を見るなら、私一人の方がお客さんによりそった
サポートができるのです。
そういうわけで、
私は早さ優先で一人でいきます!
私の船に乗れるのは1ヶ月で10名までですので、
うつ病で経済的に不安を感じているなら、
私の船が見えたらすぐに手を挙げてください。
タイミングが遅れると、
他のお客さんでいっぱいになって
あなたをサポートすることができなくなるかもしれません。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける