うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

本格的に忙しくなっているので、やらないことを決めたいと思います!

From:宮里竹識
秋葉原のオフィスより、、
とてもありがたいことなのですが、
非常に忙しい日々が続いています。
電話に出れないのも当たり前になりつつあります。
もちろん依頼を受けたお客さんへのサポートは最優先で行っているので
問題ありません。
しかし、SKP45(45日間障害年金獲得プロジェクト)の
コンテンツ作成が滞っています。
残業が増えて私生活への影響も出てきました。
これはいかん・・・。
自分も含めて過労でうつ病になった人をたくさん見てきましたので、
働き過ぎて私がうつ病になってしまうのは笑えない冗談です。
というわけで仕事の断捨離を行います。
といっても障害年金受給代行のサービス内容や質を
下げることはしません。
当然ですね。
それ以外の部分でこれはやらないということを
決めたいと思います。
まずは私たち全国障害年金パートナーズへ受給代行を依頼する前の
電話やメールでの相談内容を制限します。
今までは障害年金に関する相談であれば
何でも受けていたのですが、
今後は障害年金の受給判定のみを無料相談の対象とします。
あっ、障害年金の受給代行を依頼したいという話はもちろんOKですよ。
障害年金の制度に関する質問なんかは
年金事務所に聞くなり自分で調べれば分かることですので
私たちの方では対応しないようにします。
また、障害年金の更新用の診断書を書いてもらったけど
これで審査に通るか教えてほしいといった相談も
今後は受けないようにします。
その他にも、
受給代行以外で外注に出せるものはないかも
検討していきます。
今週末にその打ち合わせをするので、
私の手を離せるものは別の人に任せていきたいと思います。
障害年金の受給代行業務は私自身が行うことに価値がありますので、
それ以外のことです。
例えば、
動画の編集なんかを考えています。
撮影は今までどおり私が行いますが
その動画の編集やYouTubeへのアップロードに
それなりの時間がかかっていますので
その作業を外注できればと思います。
これで私の時間を作り出し、
SKP45(45日間障害年金獲得プロジェクト)の完成へ向け、
スピードアップしていきます!
SKP45が完成すれば
これまでよりもたくさんのうつ病者を助けることができます。
自分で障害年金の手続きが難しいような状態の人は私が直接受給代行を行い、
ある程度自分でできる人はSKP45に申し込んでもらう方向で考えています。
今年も変化や批判を恐れず、
進化していきますので応援よろしくです!



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける