うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分一人では医師への診断書の依頼も申立書の作成も無理と思いました(東京都のS.Sさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Sさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約160万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約260万円)
 

2.事例


仕事で営業部門の責任者となり、
自分の営業成績だけでなく部下の数字も見るようになったことが
ストレスとなっていたS.Sさん。
仕事へのストレスから、
不眠・不安・意欲減退・焦燥感
といった症状が現れるようになりました。
病院を受診するとうつ病と診断されます。
その後治療を続けたものの、
8年ほど経ってもうつ病は良くなりません。
症状がひどい時は入院することもありました。
当然仕事をできる状態ではなく、
何度も休職を繰り返しており
ここ2年ほどは働けない状態が続いていました。
S.Sさんの日常生活状況は次の通りです。
●食事は一日二食、調理は行えず、妻が用意しても食べられないことが多い
●入浴は週に3回程度、着替えも妻が用意してくれないと行えない
●部屋の掃除や片付けもできない
●一人で買い物に行くことはほとんどない
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●銀行でお金の出し入れをすることもない
●手の震えから文字を書くことも難しい
S.Sさんの場合、
2級と3級の間くらいの状態でしたが
私たちがサポートすることで無事2級が認められました。
 

3.S.Sさんの声


うつ病で2年半休職しており、
退職が近づいていて収入がなくなることに悩んでいました。
医師からの紹介で障害年金があることを知り、
ネットで探して御社にたどり着きました。
御社が全て代行していただけることを知り、
すぐに依頼しました。
自分一人では、
医師に対する診断書の依頼も
申立書の作成も無理と思い依頼しました。
依頼してから3ヶ月も経たずに2級の判定をいただきありがたい限りです。
【これから障害年金の申請をする人へのメッセージ】
やはりうつ病での個人での手続きは複雑で困難だと思います。
ぜひ宮里様にご相談ください。
きっと良い結果を得られるはずです。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける