うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

仕事をすることができず、収入が減少していくことに悩んでいました(愛媛県のS.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Mさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:愛媛県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約180万円(次回更新時までに受け取れる総額:約320万円)
 

2.事例


会社でパワハラを受けていたことで
不眠・希死念慮・意欲減退・イライラ・不安・涙が出る
といった症状が現れるようになったS.Mさん。
病院に行くとうつ病と診断され、
7年ほど治療を続けていますが病気は良くなりませんでした。
当然仕事も続けることができない状態となっています。
S.Mさんの日常生活状況は次の通りです。
●調理や後片付けはできない
●入浴は一人で行えないため、家族が一緒に入浴している
●着替えも毎回家族が渡す必要がある
●部屋の掃除や片付けもできない
●一人で買い物に行くこともできない
●病院に行くにも家族の送り迎えが必要
●服薬管理もできないため、薬は毎回家族が渡している
●相手の話が理解できなかったり、自分の気持ちを言葉にするのが難しい
●集団行動は困難で、家族以外の人とは話をしない生活となっている
●車の運転はできない
●銀行やATMでお金を出し入れすることもできない
●社会的手続きは全て家族が行なっている
●基本的には自宅で臥床して過ごしている
私たち全国障害年金パートナーズが手続きを代行した結果、
無事に2級の障害年金が認められました。
 

3.S.Mさんの声


仕事をすることができず休暇を取っていたが、
収入が減少していくことに悩んでいました。
インターネットを見ていて、
偶然全国障害年金パートナーズを見つけました。
あまりに居住地と社労士事務所が遠隔だったため、
不安に思いすぐに依頼することはできませんでした。
無料の障害年金判定に申し込みしたところ、
迅速にレポートを返信いただいたことで安心し、
依頼を決めました。
4月末に手続きを行い、
7月初旬に年金の決定通知が届き
とても助かりました。
色々悩んでいても進歩がないので、
障害年金を受け取れることで金銭面での不安は改善されるので、
宮里先生に相談して前進することをお勧めします!

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける