うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

将来に向けて金銭的な不安がありました!(愛知県のS.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Mさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って2級
年金額:約230万円(次回更新時までに受け取れる金額は、約600万円)
 

2.事例


学校の先生をしていたが、
専門外の教科を教えることになってストレスを抱えていたS.Mさん。
自分よりも若い先生が教える生徒と自分の生徒のテストの平均が
20点も差がついてしまい職員会議になったことも
ストレスとなっていました。
そのような中、
朝起きれない・不眠・意欲減退・学校に行けなくなる・不安・自己否定
といった症状が現れるようになりました。
病院に行くとうつ病と診断され、
2年ほど治療を続けていますが症状はよくなりません。
焦燥感や自責感・趣味や関心の喪失・希死念慮といった症状も出てきました。
仕事も行える状態になく、
休職が続いています。
S.Mさんの日常生活状況は次の通りです。
●食事は1日一食で、調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は家族に促されないとできない
●着替えも、妻が用意してくれないと行えない
●部屋の掃除や片付けは全く行えない
●買い物は一人では行けない
●服薬管理も妻が行なっている
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉できないことが多い
●集団行動は困難で、家族以外の人とは話をしない生活となっている
●車を運転すると事故を起こしそうになることが多々ある
●銀行やATMでお金の出し入れをすることもない
●手に力が入らず、文字を書くことも難しい
●基本的に外出できず、自宅にこもっている
私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に遡って2級の年金が認められました。
 

3.S.Mさんの妻からの声


将来に向けて、金銭的な不安がありました。
妻の私まで落ち込み、イライラの毎日でした。
うつ病についてインターネットで調べ物をしているとき、
たまたま全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐには依頼せず、
ずっと(半年くらい)迷っていました。
遠いというのが不安だったのです。
初めて思い切って電話した時の宮里先生の対応が感じよかったため
依頼を決めました。
実際に依頼してみて、よかったです。
分からないことも多くあったのですが、
都度説明してもらい、終始安心できました。
もし障害年金の代行をどの社労士に依頼するのか迷っているのなら、
一度全国障害年金パートナーズにお電話をしてみらた良いと思います。
無理強いはなさらない方です。
決めるのはご自身です。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける