うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

いち早く宮里先生に相談して障害年金を受給することを強くお勧めします!(東京都の戸田さんの事例)

1.基本情報


氏名:戸田さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:3級
年金額:約83万円
 

2.事例


上司のパワハラが原因で
集中力低下・記憶力低下・不安・意欲減退といった症状が現れるようになった戸田さん。
最初は病気という認識がなく、
中々病院には行きませんでした。
ですが症状は良くならず、
発病から7年ほど経ってから病院に行くと
うつ病と診断されます。
治療開始が遅れたことで症状も悪化し、
焦燥感・めまい・希死念慮・趣味や関心の喪失といった症状も出てきます。
治療開始から4年経過しても病状は良くならず、
仕事も2年近く行えない状態にあります。
戸田さんの日常生活状況は次の通りです。
●食事は一日1~2食で、調理や食器を洗うこともできない。
●入浴は二日に1回で着替えも同様
●部屋の掃除や片付けもできない
●朝起きての洗面や歯磨きもできていない
●買い物に行くのは2ヶ月に1回程度で、基本的に自分では買い物できない
●質問されても答えるまでに時間がかかることがある
●集団行動は困難
私たち全国障害年金パートナーズが受給代行を行なったことで、
3級の年金が認められました。
 

3.戸田さんの声


色々な書類を準備して年金事務所で手続きすることが
自分にできるか不安でした。
また、年金事務所で聞かれたことに正確に答えられるか自身がありませんでした
障害年金の申請方法をインターネットで探している時に
全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐに受給代行を依頼しました。
うつ病を専門にしていることや、
なにより宮里先生の写真を見て優しそうで
この人なら相談にのってくれそうだと思ったため
依頼を決めました。
自分の精神的・肉体的労力を使わずに障害年金の受給が決定したので
とても助かりました。
障害年金の依頼をどの社労士にするか悩んでいる方は、
いち早く宮里先生に相談して障害年金を受給することを
強くお勧めします。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける