うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

家族のススメで障害年金の依頼を決めました!(大阪府のT.Jさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Jさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:遡って2級
年金額:約80万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約820万円)
 

2.事例


朝10時から夜中の3時まで働きながら資格の勉強をするなど、
過労状態となっていたT.Jさん。
しだいに不眠・不安・無気力といった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
20年以上治療を続けていますが病状は良くなりません。
当然ですが、仕事も行えない状態が続いています。
T.Jさんの日常生活状況は次の通りです。
●食事は1日一食、家族が用意しても食べられないことが多い
●入浴は2週間に1回、着替えも数日に1回
●部屋の掃除は全くできない
●一人で買い物に行くこともできない
●通院も一人では難しい
●服薬管理も自分では難しい
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちをうまく言葉にできない
●質問に答えるまでに時間がかかる
●質問と違うことを話してしまう
●電話がなっても取れない
●集団行動は困難
●車の運転も行えない
●一人で電車に乗るのも困難
●銀行やATMでお金の出し入れを行うこともできない
●子育ても行えない
●基本的に外出できない
私たち全国障害年金パートナーズが受給代行を行なった結果、
遡って2級の障害年金が認められました。
 

3.T.Jさんの声


生活費に悩んでいました。
役所にて障害年金の制度を知り、
ネットで検索していて全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐには依頼できず、
1ヶ月ほど考えていました。
自分自身では判断がつかなかったからです。
最終的には、
家族のススメで依頼を決めました。
実際に依頼してみて、感謝です。
これから障害年金を依頼する社労士を探している人は、
まずは宮里先生に相談してみてください。
早くです。
代行を依頼して結果が出るまで3ヶ月、
入金に1〜2ヶ月かかるようです。
先生への報酬もお支払いするので、
人によってはさらに1〜2ヶ月
手元にお金が残るまでにかかります。
とにかく早い相談を!

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける