うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

働くことができず収入が途絶えて不安でした(北海道のY.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:Y.Mさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って2級
年金額:約120万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約380万円)
 

2.事例


上司からのパワハラに苦しめられていたY.Mさん。
しだいに不眠・食欲不振・朝起きれない・不安・焦燥感・対人恐怖
といった症状が現れるようになりました。
病院へ行くとうつ病と診断されます。
症状も悪化し、
希死念慮・意欲減退・趣味や関心の喪失といった症状も現れました。
1年6ヶ月治療を続けてもうつ病はよくならず、
仕事も退職することになりました。
Y.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日一食、パンやバナナを食べるのがやっと
●入浴は週に2回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けも行えない
●自分の気持ちを言葉にできず、話をするとすぐに疲れてしまう
●車の運転もできない
●銀行でお金を下ろそうとしてもパスワードを忘れてしまう
●基本的に横になって過ごしており、日常生活には時折来てくれる友人の援助が必要
私たち全国障害年金パートナーズが受給代行を行った結果、
無事に遡って2級の年金が認められました。
 

3.Y.Mさんの声


働くことができず、
収入が途絶えて不安になっていました。
インターネットで全国障害年金パートナーズを見かけました。
謝礼金額が大きいと感じたことと、
こういう仕事をしている人を他に知らなかったため
すぐには依頼できませんでした。
でも、自分で行動して手続きするのは難しかったため
全国障害年金パートナーズに受給代行を依頼しました。
分かりやすく対応していただき、
助かりました。
うつ病で働くことができなく
生活に不安がある中で障害年金はとてもありがたいと思いました。
自分から動くのが難しい中で、
代行をお願いしてよかったと思います。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける