うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

担当医から「障害年金の受給は厳しいのでは」と言われていました(長崎県のN.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:N.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:長崎県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
結果:さかのぼって3級
年金額:約67万円(次回更新時までに受け取れる総額は約173万円)

 

2.事例


事務系の管理職をしていて
月の残業は80〜100時間と過労状態にあったN.Kさん。

不眠・意欲減退・イライラといった症状が
現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断され、
治療が開始されましたが2年以上経っても良くなりません。

症状も悪化し、
不安・焦燥感・食欲低下・趣味や関心の喪失・希死念慮
といった症状も現れます。

仕事も行えなくなり、
休職しても回復しなかったことから退職となり
経済的に不安を抱えているところで
全国障害年金パートナーズに受給代行の依頼がありました。

N.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。

●調理はできず、家族が食事を用意しても残してしまうことが多い
●入浴は二日に1回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人での買物は難しい
●集団行動は難しい

私たち全国障害年金パートナーズでサポートした結果、
さかのぼって3級の障害年金が認められました。

 

3.N.Kさんの声


健康保険の傷病手当金を1年半受給しましたが、
その後病状回復も思わしくなく退職。

今後の経済不安で悩んでいました。

インターネットで傷病手当や障害年金のことを調べていて
全国障害年金パートナーズを知りました。

担当医の先生からは
「障害年金の受給は厳しいのでは」
とのご判断があり、躊躇しておりました。

宮里先生のHPを拝見させていただき、
豊富なご経験と実勢、お人柄に惹かれ、
受給代行を依頼しました。

最初の電話相談(約1時間)でおおかたの質問・回答で
手際よくレポートを作成していただき、
あとは1〜2回のメールで住民票等の各種書類の準備を当方で行い、
先生にその書類チェック、申立書の作成、年金事務所への提出まで
行っていただき、2ヶ月足らずで3級の決定通知が届きました。

自分もそうでしたが、
一人で悩んでいても何も解決しません。

プロの宮里先生へ気軽に相談し、
金銭的悩みを取り除き、
病気の療養に専念しましょう。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける