うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

”障害”という言葉に抵抗がありました(大阪府のY.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:Y.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約217万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約380万円)

 

2.事例


仕事が忙しく、
月の残業は100時間と過労状態にあったY.Kさん。

さらに、脳梗塞も発症してしまいました。

ろれつが回らない・不眠・意欲減退・倦怠感・
集中力低下・不安・食欲低下・趣味や関心の喪失
といった症状も現れるようになります。

病院を受診するとうつ病と診断されます。

それから7年ほど治療を続けましたが
うつ病は改善しません。

当然仕事を続けることも難しくなり、
3年ほど前に退職して以降は
働けない状態が続いています。

Y.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日2食、調理は行えず妻が用意しても食べられないことが多い
●入浴は二日に1回、妻に何度も「臭いからお風呂入って」と促されてようやく行う
●部屋の掃除や片付けは行えない
●一人で買物に行くことは困難
●服薬管理も難しく、妻に頻繁に服薬の有無を確認されている
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●車の運転も家族に止められている
●銀行でお金の出し入れをすることもない
●社会的手続きを一人で行うことは困難
●基本的に外出できず、自室で横になって過ごしている

Y.Kさんから依頼を受けて
私たち全国障害年金パートナーズがサポートすることになりましたが、
初診日の証明でかなり苦労しました。

詳細はここでは語れませんが、
自分一人で手続きして役所に言われるまま原則通りの進め方をしていたら、
きっとY.Kさんは障害年金の審査に通らなかったと思います。

うつ病での障害年金は非常に難易度が高い手続きですが、
何とか無事に審査を通過し、
2級の障害年金が認められました。

 

3.Y.Kさんの声


将来の生活基盤が不安、
仕事ができない・見つからない。
いつ元のような状態になるのか。
治らない不安感、先が見えないということに悩んでいました。

ネットで検索して、
YouTubeで宮里様と全国障害年金パートナーズを知りました。

この人にならお願いしても良いと思い、
すぐに依頼しました。

自分の状態、
うつ病で障害年金の対象と思ってなかったが、
YouTubeを見て初めて、
自分も障害年金を請求しても良いと理解できた。

大変感謝しています。

うつ病などの精神的な病気がイコール障害年金の対象になるかも
と理解している人が少ないと思います。

障害という言葉の抵抗が私を含めてハードルが高いですが、
専門の人に依頼した方が良いと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける