うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金を受けることを詐欺行為みたいに言う医師がいました!(群馬県の阿部さんの事例)

1.基本情報


氏名:阿部さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:群馬県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約145万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約290万円)

 

2.事例


仕事のノルマや人間関係がストレスとなっていた阿部さん。

不眠の症状が現れたため
内科を受診しました。

当初は不眠症として治療をしていたのですが、
中々症状が改善せず、
転院したらうつ病と診断されます。

症状も次第に悪化していき、
抑うつ気分・不眠・緊張・憂うつ・過食・意欲減退・希死念慮・
興味の喪失・悪夢・幻覚といった症状も出てきました。

10年以上治療を続けてきましたがうつ病が治らなかったことから、
障害年金の申請をすることにしました。

阿部さんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日2食で、調理や後片付けを手伝うことも難しい
●入浴は週に2回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けもできない
●朝起きての洗面・歯磨き・ひげ剃りもできていない
●一人で買物に行くことはない
●服薬の有無について妻に確認されることが多い
●人と話をするとすぐに疲れてしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●車の運転はしないように言われている
●本や新聞などの文字が頭に入ってこなくなった
●基本的に外出できずに横になって過ごしている

阿部さんから依頼を受けて障害年金のサポートを進めていたのですが、
一つ大きな問題が発生しました。

それは、
主治医が障害年金に否定的だということでした。

明らかに障害年金の要件を満たしているのが
私たち全国障害年金パートナーズの判断でしたが、
なぜか主治医は診断書の作成を拒否します。

この医師の元ではどうすることもできなかったため、
正しく阿部さんの状況を理解してくれる医師の元へ転院し、
適切な診断書を書いてもらうことができました。

その後も色んなハプニングを乗り越え、
何とか2級の障害年金を受け取ることができました。

 

3.阿部さんの声


障害年金の受給をすることを、
まるで詐欺行為をするみたいに言う医師がいて、
相当落ち込んでいました。

ネットで調べていて
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに依頼したかったのですが、
タイミングが悪かったみたいで連絡が取れずに、
仕方なく他の社労士さんに依頼しました。

その社労士さんの対応があまり信頼できなかったので、
評判も良い全国障害年金パートナーズに改めて依頼しました。

前の社労士さんに比べて、
対応が誠実の上にスピーディーなので
依頼して良かったです。

障害年金に否定的な医師がかなり多いと思いますので、
納得できなければ転院も考えていいと思います。

私も、今回の医師に巡り会うのに
3つの病院に行きました。

うつ病と診断されてから2級と認定されるまで
4年半もかかりました。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける