うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

治療に時間とお金を使えることで社会復帰の希望がもてました(東京都のK.Mさんの事例)

1.基本情報


氏名:K.Mさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約93万円)

 

2.事例


家族が自殺で亡くなったことにショックを受けていたK.Mさん。

その1年後にも偶然自殺の現場を見てしまい、
家族のことを思い出して不眠・不安・意欲減退
といった症状が現れるようになりました。

それから病院に通うこと13年、
うつ病は改善しません。

食欲不振・絶望感・無力感・趣味や関心の喪失・希死念慮
といった症状も出てきました。

当然働くことも難しくなり、
ここ2年ほどは働けない状態が続いています。

K.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は一日1〜2食、決まった時間に食べることができない
●部屋の掃除は難しい
●金銭管理は難しい
●電話がきても出れないことが多い
●質問されても答えるまでに時間がかかる
●車の運転は難しい
●通院などの習慣化した外出はできるが、家事には支障がある

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3.K.Mさんの声


自分に受給資格があるのか、
診断書を書いてもらえるのか、
初診日を確定できるのか、
といったことに悩んでいました。

うつ病のことが知りたくてインターネットで調べていたら、
障害年金のことが目に止まり、
それが貴社のホームページでした。

依頼して断られることの不安と
初診日がはっきりしなかったため
すぐには依頼できませんでした。

しかし、
とても自分では申請の手続きができないと思ったため
全国障害年金パートナーズに依頼を決めました。

手続きに関して不安だらけでしたが、
安心して依頼できました。

結果を待つ間は、大変長く感じました。

障害年金を受け取ることで、
金銭的にも精神的にも余裕ができます。

そして自分が「なまけ者なだけでは・・・」と悩んでいる方へ、
障害認定をされることで病気なのだと思うことができるようになり、
安心して治療に時間とお金を使えることで社会復帰の希望が
持てるようになります。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける