うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

スタジオで写真撮影しました!

From:宮里竹識
四谷のスタジオより、、

全国障害年金パートナーズのホームページにある私の写真、
撮影してから5年が経過していました。

あっという間の5年です。

5年も経てば人は変わります。

というわけで、
今の私を写真にしようと思ったわけです。

あと、
こんなことも言われていたので・・・

 

笑顔がぎこちない

 

わざと写真をイマイチなものにして実物に会ったときに好印象にする作戦ですよね?

 

写真写りが残念な感じだったというわけです。

ですが気持ちを切り替えます。

宮里は生まれ変わるのです。

まずはファッションコンサルタントに連絡し、
私に合った服を考えてもらい、
完全オーダーメイドで一式そろえました。

ジャケット・シャツ・パンツ・ネクタイをオーダーで買ったのですが、
すごく良い感じです。

四谷のスタジオでは
ファッションコンサルタントが高そうなカメラを設置して
待っていました。

1メートルほどある大きなストロボが二つ、
壁一面には白い幕が引かれています。

色々雑談をしながら写真を撮りまくっていきます。

今回の撮影には私の妻も同席していたのですが、
私の緊張をとって笑顔にしようとしてか、
妻がカメラマンの後ろで変な動きをしています。

それが面白かったので良い笑顔が撮れたと思います。

2時間ほど撮影を続け、
400〜500枚ほどの写真を撮りました。

そのうち100枚を厳選してもらい、
後日送ってもらったのです。

まずはこれまでの写真を一枚。

 

これはこれで愛着のある写真ですが、
5年前に緊張してぎこちない表情で撮影したのを思い出します。

そして今回撮影した写真を一枚。

良い感じでしょ。

ついでにお客さんと打ち合わせしている風景を意識した一枚。

写真だと私とお客さんとの距離はほどよく見えますが、
実際は顔と顔の距離は30㎝ほどの超近距離で撮影しました。

撮影するときはとても近くても
写真にすると少し離れて見えるというのは
大きな発見でした。

ちなみに一緒に移っている女性は私の妻です。

今回は二枚だけ紹介しましたが、
今後はホームページや動画のサムネイルなんかに
写真を活用していきたいと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける