うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で「もう楽になりたい」と考える日々でした(東京都のS.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名S.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約152万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約254万円)

 

2.事例


月の残業は100時間超と過労状態にあったS.Kさん。
会社の社長からの裏切りにあるなどの
大変な思いもされていました。

そのような中、
不眠・不安・抑うつ気分といった症状が現れます。

病院を受診するとうつ病と診断され、
治療の日々が続きました。

症状は改善せず、
意欲低下・焦燥感・食欲不振・悪夢・希死念慮
といったものも現れるようになります。

治療開始から15年ほど経ちましたが
うつ病は改善しません。

当然働けない状態となっています。

S.Kさんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は1日1〜2食、家族が用意しても食べれないこともある
●入浴は週に1〜2回、入浴中に寝てしまうため家族に見守られることも多い
●着替えも家族が用意している
●部屋の掃除や片付けはできない
●買い物に一人で行くことはできない
●金銭管理も難しい
●通院も一人では困難
●服薬管理も難しいため、薬は家族が管理している
●集団行動は困難
●質問されても答えるまでに時間がかかったり違う話をしてしまう
●車の運転も困難
●一人で電車やバスを利用するのも難しい
●銀行でお金の出し入れをすることもできない
●基本的に横になって過ごしており、日常生活の多くに家族の援助が必要

治療歴も長くなかなか大変な手続きでしたが、
私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の障害年金が認められました。

 

3.S.Kさんの声


生きている意味、
何のために薬を毎日飲んで仕事をしてきて、
もう楽になりたい
と考える日々でした。

インターネットでうつ病で障害年金が受け取れることを知り、
色々な社労士様を調べた結果、
他の社労士様と違う「うつ病に特化した!」と記載されている
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに宮里先生に連絡し、依頼しました。

うつ病に特化した社労士様は宮里先生しかいないと思い、
申請業務を依頼しました。

正直、
うつ病での障害年金受給は無理と思っていましたが、
宮里先生のうつ病に対するご理解・意志の強さ・
私(患者)に対する優しさと申請経験数だと思いました。

色々な社労士事務所様も
「うつ病に強い」
とホームページに掲載しておりますが、
実際は別のホームページがあり、
本業では企業との顧問契約を行っていました。

しかし宮里先生は、
「うつ病・精神」での障害年金しか受けないという、信念!!

まさに全国にただ1人の宮里先生なのです。

本当にありがとうございました。

 

 

S.Kさんからは別紙でもお手紙をいただいていますので、
こちらも紹介します。

 

全国障害年金パートナーズ 代表 宮里先生
この度は障害年金申請に関して、
全ての申請業務を宮里先生に行っていただき、
無事厚生年金2級が決定し、
宮里先生には感謝しかございません。

私は約15年間うつ病に苦しみ、
毎日薬を飲み続け仕事をしてきましたが、
昨年末に精神的・金銭的に限界がきてしまい、
もう・・・

と考えていた時、
インターネットでうつ病での障害年金が受給できることを知り、
宮里先生に連絡し私のうつ病の苦しみをお話したところ、
すぐにお会いしましょうと。

正直、宮里先生にお話をする前に
他の社労士事務所様に相談しておりましたが
よくよく調べた結果ホームページ上に
「うつ病の申請に強い」
と大々的に作られたホームページでしたが、
実際には別のホームページがあり、
やはり企業と顧問契約をするのが主な業務でした。

しかし宮里先生は、
精神での障害年金しか申請しないと仰られ、
しかも着手金1万円で不支給の場合は
10倍の10万円をお支払いしますと・・・。

正直うつ病での障害年金は難易度が高く、
まず無理だと思っていましたので、
宮里先生には不支給でも10万円は不要ですと話したところ、
宮里先生は笑顔で優しくゆっくりとヒアリングを行ってくださいました。

その時から宮里先生とスタートでした。

その後、
私から何度か連絡をして色々お話をしておりますと、
宮里先生は「ポイントだけ話してください!!」と言われ、
最初にお会いした時と違うのかな?と思ったのですが、
一つ結論が出たのです。

それは、
私が30分話してしまうと
他のうつ病で苦しんでいる方の相談ができず、
一人でも多く助けてあげたいという宮里先生の
強い信念だったのではと感じました。

うつ病の障害年金申請は大変な作業です。

「誤字」「初診日からの時系列」など、
1つでも間違えるだけで不支給になる可能性があると聞いて、
宮里先生が行った業務は大変な集中力を要すると思いました。

更新時も宮里先生が担当しますと仰られましたが、
本当は更新がないことが一番良いと思います。

それは、うつ病が治ることが一番なのだと・・・。

しかしうつ病は一時的にはよくなることもありますが、
また再発してしまうのも現実かと思います。

最後に、
受給が決定しゆっくり体を休めていける環境を作っていただいた
宮里先生のご尽力に感謝し、
まだうつ病で苦しまれている患者様を助けてあげてください。

うつ病に特化した全国障害年金パートナーズ・宮里先生、
全国でただ一人の宮里先生!

頑張ってください。

生きていける希望がみえた自分です。

本当にありがとうございました。

東京在住 54歳、男性、S.K

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける