うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

まだ障害年金の申請を迷っている人は、宮里さんの全国障害年金パートナーズをお勧めします(静岡県の佐藤さんの事例)

1.基本情報


氏名:佐藤さん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:静岡県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約100万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約250万円)

 

2.事例


学校でいじめを受けていたことや
家庭環境で問題を抱えていた佐藤さん。

自分一人ではどうすることもできず、
不眠・無気力・無感動・自傷行為・過食・拒食
といった症状が現れるようになりました。

病院を受診すると、双極性障害と診断されます。

症状も悪化し、
多弁や暴力的になるといったことも出てきました。

10年ほど治療を続けてきましたが、
双極性障害の症状は改善しません。

もちろん仕事もできる状態になく、
ここ2年ほどは働けていません。

佐藤さんの日常生活状況は次の通りです。

●調理はできず、栄養バランスも悪い
●入浴も一人では入れず、必ず夫が一緒に入る必要がある
●掃除や洗濯、ゴミ捨てもできていない
●朝起きての洗面や歯磨きもできない
●買い物に一人で行くこともできない
●服薬管理も夫が行なっている
●質問に答えるまでに時間がかかったり、質問と違う話をしてしまう
●宅急便が家に来ても対応できない
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●車の運転をしていても、集中力が低下していて一年で2回事故を起こしている
●バスや電車を一人で利用するのは難しい
●育児もできていない
●社会的な手続きも家族が行う必要がある
●基本的に横になって過ごすことが多い

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3.佐藤さんの声


自分で障害年金の手続きをするべきか、
社労士さんに依頼するならどこで頼んだら良いのかで悩んでいました。

障害年金・うつ病と検索して調べていたら
全国障害年金パートナーズにたどり着きました。

すぐには依頼しませんでした。

もっと調べてからにしようと思ったからです。

依頼の決め手になったのは、
YouTubeで宮里さんが実際に顔を見せて
過去の依頼者のアンケートを紹介しているのを見たからです。

対応も早く、
やっぱり東京と私の住むところが遠く不安になったのですが、
何かあればメールや電話で対応してくれて、
その当初の不安はなくなり、
安心して依頼できました。

まだ障害年金を申請しようか迷っている人は、
うつ病専門の社会保険労務士である宮里さんの
全国障害年金パートナーズをお勧めします。

うつ病で人とコミュニケーションが上手く取れない私でも
無事に年金を受給することができたのも、
宮里さんがサポートしてくれたからだと思います。

ぜひ全国障害年金パートナーズのご利用を
ご検討ください。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける