うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

宮里先生に依頼するまで1年間迷い続けていました(福井県の髙山さんの事例)

1.基本情報


氏名:髙山さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:福井県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約140万円)

 

2.事例


家庭内でのトラブルに悩んでいた髙山さん。

気がつけば不安・恐怖感・不眠・希死念慮
といった症状が現れるようになっていました。

病院に行くとうつ病と診断され、
それから10年ほど治療を続けていますが病気は良くなりません。

仕事もできない状態となり、
ここ数年は実質的に働けていません。

髙山さんの日常生活状況は次の通りです。

●食事は1日1食かゼロで、調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に1回程度、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けもできない
●人が多いところでの買い物はできない
●通院も一人では難しいため、家族による送迎が必要
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●質問に答えるまでに時間がかかる
●電話がなっても対応できない
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●電車やバスを一人で利用することは難しい
●基本的に外出できず、横になって過ごしている

今回髙山さんの障害年金手続きを進めるにあたっては、
医師が診断書を軽く書いてしまったことがネックになっていました。

中々髙山さんの実態を分かってもらえず苦労しましたが、
申立書を工夫することで審査側に状況を伝え、
無事に2級の認定を得ることに成功しました。

 

3.髙山さんの声


うつ病が重かったので、
障害年金の制度は知っていたものの、
自分で受給申請するかしないかで迷い悩んでいました。

障害年金という言葉でネット検索していたら、
それを専門に行なっていた社労士さんを知りました。

宮里先生の存在と自分が障害年金を受給できる可能性があることを知りましたが、
依頼できる精神状態になく、
およそ1年間迷い続けていました。

宮里先生に初めて電話をした時、
優しく冷静なお人柄を感じ、
この先生になら全てを話しても良いと思えたことが決め手で依頼しました。

実際に依頼してみて、
全く無駄のない対応をしていただき、
とにかく私を第一に考えてくださいました。

先生のおかげで年金受給を認められ、
何度お礼を言っても足りないくらいです。

 

【これから障害年金を受ける方へ】
まず最初に申し上げたいのは、
うつ病になった自分を責めずにちゃんと認めてください。

そして、そんな人を経済的に助けてくれる制度があること
認めてください。

なにも恥じることは100%ありません。

私もその中の一人でしたが、
宮里先生に出会えて幸運でした。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける