うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

”なぜ自分だけがこんな目にあうのか?”と怒りを感じていました!(神奈川県の太田さんの事例)

1.基本情報


氏名:太田聡さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約112万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約373万円)

 

2.事例


会社が倒産しそうになって自分の仕事がなくなっていき、
今後の生活に不安を感じていた太田さん。

そのストレスからか、
集中力低下・倦怠感・無気力といった症状が現れるようになりました。

病院を受診するとうつ病と診断されます。

約15年ほど治療を続けてきましたが症状はよくならず、
情緒不安定・意欲減退・集中力低下・記憶力低下・
手足のしびれ・吐き気・不眠・過食・希死念慮・
趣味や関心の喪失といった症状も現れるようになりました。

何度か休職しましたが病状は回復せず、
結局仕事も退職することになりました。

太田さんの日常生活状況は次の通りです。

●調理や片付けを手伝うことはできない
●入浴は月に2回程度、家族に促されても入れない
●部屋の掃除や片付けは全くできない
●朝起きての洗面・歯磨き・髭剃りも3日に1回程度
●一人で買い物に行くことも難しい
●通院も妻に付き添ってもらっている
●人と話をするのが億劫で苦手
●相手が何を言っているのか分からなくなる
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●車の運転も難しくなっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3.太田さんの声


悩みというよりは怒りを感じていました。

”なぜ自分だけがこんな目にあうのか?”

病状もそうですが、
自己都合退職せざるを得ない立場に立たされた怒りです。

ネットで年金受給手続きを調べているうちに
全国障害年金パートナーズを知りました。

すぐに受給代行をお願いしました。

申請手続きに必要な患者の生活状況の取りまとめが難しいことを知って
依頼を決めました。

これは、
患者にとっても医師にとっても
それぞれの守備範囲を超えています。

医師の側にいて、
年金受給することやその手続きについての
偏見があることを知りました。

医師の方もネットなどを通じて
色々と良くない事例が耳に入っているようです。

【これから障害年金を受ける人へ】
障害年金の受給は権利なので、
この点に悩む必要はありません。

ただ手続き上の問題を抱えてしまう前に、
専門の社労士のカウンセリングを受けるのが大切かと思います。

 



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける