うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

他の社労士事務所のような不信感がなく、信頼して頼むことができました!(北海道のT.N様の事例)


1.基本情報


氏名:T.Nさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:北海道
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約122万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約460万円)

 

2.事例


仕事がなくなっていって
収入が下がることにストレスを感じていたT.Nさん。

心にも余裕がなくなり、
妻とのケンカも増えていきました。

そのような中、
不安・焦燥感・抑うつ気分・意欲低下・パニック
といった症状が現れるようになりました。

病院に行くとうつ病と診断されます。

その後治療を3年ほど続けていますが
うつ病は良くなりません。

しだいに症状は悪化し、
自責感・食欲低下・不眠・過眠・趣味や関心の喪失・希死念慮
といった症状も出てくるようになりました。

妻とケンカして夜中に車で遠くに飛び出てしまったり、
包丁で壁や床を刺したり穴を開けてしまうといった行為も見られました。

当然仕事を続けることもできず、
ここ3年ほどは働けていません。

T.Nさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食、調理や後片付けを手伝うこともできない
●入浴は週に1〜2回、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けもできない
●買物に一人で行くことはない
●主治医に自分を良く見せようとしてしまい、症状を軽く伝えてしまうことがある
●相手が何を言っているのか分からなくなることがある
●自分の気持ちを言葉にできないことが多い
●質問に答えるまでに時間がかかったり、質問と違う話をしてしまう
●集団行動は困難で、家族以外の人との交流はない
●バスや電車といった公共交通機関を一人で利用するのは難しい
●銀行やATMでお金の出し入れをすることもない
●基本的に横になって過ごしている

T.Nさんの場合、
自分を良く見せようとしてしまい
医師に症状を軽く伝えていることが問題となっていました。

症状が軽いと判断されて診断書を軽く書かれてしまうと、
障害年金の審査に通らない可能性が高まったからです。

しかし、
全国障害年金パートナーズのこれまでの経験やノウハウを活かし、
無事にさかのぼって2級の年金を手に入れることができました。

 

3.T.Nさんの声


うつ病になり、
働けなくなって生活費が減っていくことでプレッシャーがかかり、
不安ばかりで毎日悩んでいました。

インターネットで障害年金受給代行をしてくれるところを探していたら、
宮里さんを知りました。

一番最初に宮里さんのところに電話をかけたのですが、
留守電になり、留守電にメッセージを入れる勇気がなくて
他の社労士事務所に電話したところ会いに来てほしいと言われて、
”やっぱり無理だ!会いに行けない”
と思いそこもやめました。

そうしている間に診断書をとってしまい、
やはり自分たちでは無理だと思ったとき、
一番最初にここが良いと思っていた宮里さんのところに
妻が電話をかけたらつながって、
宮里さんとお話ししてホームページも見ていたので、
やはり宮里さんに頼みたいと思い依頼しました。

アドバイスなどが的確で、
他の社労士事務所の人と電話したときに感じた不信感がなく、
信頼して頼むことができました。

本当に良かったと感謝しています。

はっきり話してくれることがとても信頼につながりました。

うつ病で同じく悩んでいる人たちに、
家族の方々に、
今不安でしかない日々を送っていると思いますが、
少しでも不安が解消され、
明るいこれからの生活を手助けしてくれる障害年金を
自分で申請するのはとても大変なことなので、
ぜひ受給代行という、私たちの力になってくれる、
助けてくれるサービスを依頼してほしいです。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける